海外ドラマ「エイリアンズ」を視聴した感想は?面白いドラマなのか?

この記事は約 3 分で読むことができ ます。


今回は海外ドラマ「エイリアンズ」というドラマについてです。Huluの新着ドラマでラインナップされていたので何となく観てみることに^^

感想ですが、内容はまぁ結構斬新と言えるのかも知れません。

ワタシがドラマを最終話まで観ることが出来るか出来ないかの基準は「第1話」をスルスルと観終わることができるかどうか。初回の印象でほとんどが決まってしまう。あまり面白くないものは「第1話」の途中にて断念することがほとんど。

今回のこの海外ドラマ「エイリアンズ」もそんなニオイが漂ってきたのですが、コレ良い意味で期待を裏切ってくれました!

海外ドラマ「エイリアンズ」とは?感想は?(ネタバレなるべくなし)

今回はなるべく「ネタバレ」しないように心がけつつ、おおまかなドラマ概要と感想を少々述べていきます。

舞台はイギリス。遡ること40年前に宇宙人を乗せた宇宙船が不時着します。普通ならば宇宙人と言えばワタシたちとは異なる容姿にて登場しますが、この海外ドラマ「エイリアンズ」のエイリアンはワタシたちとまったく一緒の姿をしているのです。

なので、政府は地球人の中に彼らを溶け込ませようとしますが見事に失敗(笑)困った政府は彼らを高い壁で囲んだ「トロイ」という地区に住まわせるのですが…

その中はもう無法地帯!

また、「モークス」と言われる彼らはトロイの外に出ることも許されるのですが、決まった時間がくればまた戻らされるなど厳しい監視を受ける。それも毎回検問所のようなところで厳重にチェックをされる。

こんな感じでドラマは進行していくんです。

スポンサーリンク

映画「第9地区」とはまた違うテイストのドラマ

確か、これに似たような感じで言えば「第9地区」という映画がありました。

「第9地区」ではエイリアンが難民として地球に降りて来て、「第9地区」というエリアに隔離をされる、みたいな展開でした。そして、人間とエイリアンの間で頻繁に小競り合いが起こり…

まぁこの部分は「エイリアンズ」とも似ているのですが、違う点はエイリアンの容姿ですね。第9地区のエイリアンは「エビ」のような何ともグロテスクなものが出てきました。一方、エイリアンズではワタシたち人間とまったく容姿は同じ。外見的な見分けはほとんどつかないのです。

その点、特殊メイクとかに時間とお金がかからないので良いかも知れませんね^^

主人公はマイケル・ソーチャ演じる「ルイス・ガービー」

このエイリアンズの登場人物についてはまた別記事にまとめていきますが、主人公はぶっちゃけるとあまりカッコよくない(笑)いや俳優さんはカッコ悪くないのですが、役どころがどこかちょっと笑える感じなので…

「エイリアンズ」の主人公・ルイス・ガービー(マイケル・ソーチャ)はたれ目がちで何かに困ったような顔つきをした、何とも愛らしい感じのオジさんであります。

実際、演じているマイケル・ソーチャはオジさんという年ではないですが、このエイリアンズの役どころではオジさんと言う方がいいのでしょうか。

ちなみに、このルイス、実は…
というところで今回はやめておきましょう(笑)

おわりに&まとめ

ともかく、ワタシの中ではこの海外ドラマ「エイリアンズ」はここ最近では珍しくトントン拍子にて「シーズン1」を観おえることの出来た作品であったことは間違いありません。

海外ドラマで恋愛モノやアクションモノ、時代モノ、ゾンビモノなどに疲れた時に少々違うタッチの海外ドラマを観たいなぁと思ったらこの「エイリアンズ」なんていかがでしょう?

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。