ブレイキングバッドのあらすじや感想、ネタバレな

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

    Huluでハマった海外ドラマは数本あるが、このドラマ「ブレイキングバッド」もそのうちのひとつ。もちろん最初はどんな内容のドラマか分からないので、まずはHuluのドラマ紹介ページを見てみました。

    そうすると目に飛び込んできたのが、スキンヘッドで髭を生やしたメガネのおじさんが何やら黄色い服を着て座っている画像だった。

    「どうしよう、見るのをやめようか(汗)」とすぐに考えましたが、まぁ他にも観るものもなかったのでとにかく1話の冒頭だけ見てみるか。ということで再生。

    そうすると…

    いきなりです、いきなり。冒頭にズボンがハラリと飛んできます(笑)そしたら次になぜか防毒マスクをつけたブリーフ一丁のおじさんがトレーラーを運転している。
    ブリーフ

    さらにその横には同じく防毒マスクをつけた若者が座っている(厳密には気絶中^^)そしてしばらくしてトレーラーはコースアウト!その後、ブリーフのおじさんがトレーラーから出てきます(そしてなぜか怒っている)。。。

    と、こんなドラマって今までありましたか??

    インパクトで言えばある意味で一番かも知れません!

    もし、あなたがここまで見てしまったら、おそらくもうブレイキングバッドにハマってしまいますよ(笑)


    ちなみに

    ブレイキングバッドの意味「道を踏み外す」です。そのタイトルの意味通り、真面目な高校教師がどんどんと道を踏み外していきます。先ほどの冒頭シーンでもなぜかトレーラーが暴走して道を外します。そのシーンも実はこの作品のテーマに紐づいているのかも、とワタシは思います。

    ブレイキングバッドのあらすじ

    ここでブレイキングバッドの超簡単で分かりやすいあらすじを書きます。

    舞台はアメリカのニューメキシコ州アルバカーキ。主人公のブリーフのおじさんこと「ウォルター」は高校で科学を教える先生です。先生という安定した職業ですが、奥さんが妊娠。長男は歩くのに杖が必要な高校生。

    何かとお金がかかるため洗車場でアルバイトをするウォルター。お金があんまりないんですね。そんな時に何と「肺がん」を患います。しかも余命2年の宣告を受けます。もうこの時点で自分の死を受け入れているウォルターですが、家族が生活に困ることがないようにしておきたいと考える。

    そこでもうヤケクソだったかも知れません。ドラ○グの製造に手を出すんですね。

    元々ウォルターは一流の研究者だったこともあり、化学の知識はスゴイんです。その知識を駆使して今までにはあり得なかった純度の高いドラ○グを作ることになります。
    化学式

    パートナーはこの先ずっと、最後のシーズンまで登場する「ジェシー」。ジェシーは元教え子なんですが彼が常に問題を起こします。結構途中で腹がたってくるほどに(笑)まぁだんだんと成長していくんですけどね。

    そのコンビが時には危険な組織と手を組んだり、ギャングと戦ったりとさまざまなことが起こります。

    もうひとつ特筆しておくことは、ウォルターの義理の弟がDEA(全米麻薬取締局)にいる。この義理の弟ハンクがかなりの猛者で少しずつ事件解明のため、ウォルターへ近づいてくるサマも面白いです。

    ネタバレになりますが、ウォルターの家庭は壊れます^^最愛の妻スカイラーや息子ジュニアにも見放されます。皮肉なことにあれだけ欲しかったお金はものすごーく貯まっていくのですが、その一方でどんどんと道を外れていきます。そして迎える最終シーズン。。。もはやこの頃は化学教師の面影はなくラストをむかえます。

    どうですか?この段階でもう見たい!となってませんか?

    スポンサーリンク

    DVDで観るのもOK でもオススメはHulu

     

    この作品は「Blu-ray」や「DVD」でももちろん販売されていますが。。。

    シーズンは1からシーズン5まであります。ひとつのシーズンにエピソードがたくさんあるので観るのにはレンタルよりHuluで観る方が良いと思います。レンタルで借りたり返却したりも面倒だし、その点Huluだと消費税込で1007円で好きな時に、スマホやパソコン、タブレット片手に好きな場所で観ることが出来るのでオススメです。

    ワタシはホントに短期間で一気に観てしまいました。

    主要キャストの顔ぶれ

    ここで、主要キャストも紹介しておきます。

    ただキャストの詳細はさらにこのサイトの別記事にて掘り下げていきたいので、よろしければそちらもお読みくださいね^^

    ともかく主演は

     ウォルター・ホワイト役:ブライアン・クランストン(Bryan Cranston) 

    そう、冒頭でブリーフ1丁の人です。2014年のハリウッド作品:GODZILLAにも出演しています。ともかく、ブレイキングバッドはブライアン・クランストンのおじさんっぷりがないことには語れないです。これが若いイケメンならばもしかしてこの作品はヒットしてないかもですね^^

     ジェシー・ピンクマン役:アーロン・ポール(Aaron Paul) 

    この人も必須のキャラクターです。どうしようもないいい加減な男で始まる描写ですが、少しずつ成長して男気を見せるシーンもあるかも。

     スカイラー・ホワイト役:アンナ・ガン(Anna Gunn) 
    ※美人ではありますが、作品の花まではいかない

    男クサイこのドラマで数少ないキレイどころがこのスカイラーです。タバコを吸うシーンがなぜか多いのですが、それは肺がんを宣告されたウォルターへのあてつけ??なんて想像もしています。

    で、数少ないキレイどころで、本当に美人だなと思ったのが、問題児ジェシーの恋人役を演じるジェーン役のクリステン・リッター。ワタシのお気に入りで登場した時に思わず「おーーっ!」と歓声をあげる(笑)

    ※オッサン祭りの中で唯一の花かも

    ネットでも話題になっているようで、ひょっとするとキャラクターの中でも主役ウォルターよりも検索されているかも知れない。このキャストたち、また他の主要キャストについてはまた別記事で掘り下げますね!

    感想&まとめ

    まだ観てない人にはたくさんネタバレの危険性もあり^^

    ブレイキングバッドを観てのワタシの感想として、最初はお金が欲しくて悪の道へ進んでいったウォルター。それも家族を思ってのこと。それで待望のお金があふれんばかりに入ってくると同時に家族を失っていくところ、本当に考えさせられます。

    確かにお金はたくさん欲しいですが、結局のところどちらも手にすることはできないのか??と考えさせられました。何かを得ようとすれば、何かを失うというやつですね。

    20151022y_7

    ただ、この作品はウォルターの肺がんが再発。そして自分を裏切った者たちへの復讐最後には冷たい床に倒れます。それで一体何が残ったんだろう??とエンドロールを観て考えましたね。

    やっぱり「この世に悪のはびこるためしなし」だなぁと^^何かしんみりとした感じに。。。

    しかし、それまでのどんどんコースアウトしていくサマ、これはホントにハマるポイントですね。またお金がどんどん入ってくるんですが、その単位どんどん大きくなってきます。思わず、計算機をもってきてドル換算で計算してみたりして(笑)

    ともかく、一気に観て楽しめるドラマだと思います。そんな感想です。

    【注意事項】

    紹介している作品は、2015年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

     

    スポンサーリンク

      コメントを残す