朝ドラ「あさが来た」高視聴率はキャスト?主題歌?モデルの人?

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

    NHKの朝の連ドラ「あさが来た」の視聴率が絶好調のようです^^10月28日の放送では自己最高の23.7%をマークしたと。ドラマ好きのワタシ。最近何かと忙しく、録画したものが観れずに溜まってきている状況ですが、この波に乗り送れてはイケナイと考え…

     

    現時点で放送はもうスタートしていますが、始まってまだ1ヶ月ちょい

     

    なので今回は、来春まで続くこの朝ドラ「あさが来た」について、ちょっと掘り下げたリサーチをしていきたいと思います。

     

    ちなみに、正式なドラマのタイトルなんですが「あさが来た」です。
    「あさ」はひらがな。よくネットでは漢字の「朝」を使用して「朝が来た」と思われている方が意外に多いようです^^

     

    この「あさが来た」のヒロインはモデルや女優で活躍の「波瑠」さん。ちなみに波瑠さんについてはこのサイトでも以前に取り上げていますので、よろしければそちらもご覧下さい。

    「あさが来た」のヒロイン・波瑠さんについてはこちら

     

    この波瑠さんがドラマの主人公・ヒロインの「白岡あさ」を演じており、またそのモデルとなった人物は起業家の「広岡浅子」さん。

     

    ちなみ「超余談」をここでヒトツ。ワタシの小さーーい感想ですが、NHKの朝ドラで実在の人物をモデルにする場合、主人公につける名前が微妙でオモシロイところが楽しいです。

     

    例えば、今回の「広岡浅子」さんがモデルなら、ドラマのヒロインは「白岡あさ」。
    どうです?何か絶妙なのか、あるいはテキトーにつけたのかよく分からない感じがしませんか?

     

    もうちょっとだけ。例えば少し前の朝ドラ「マッサン」のモデルは竹鶴政孝さん。
    それがドラマでは「亀山政春」というネーミング。鶴と亀なんですね…その違い
    鶴亀

     

    「それがどないしだんじゃい?」と言われそうですが、この名前の微妙さが、ワタシ毎回好きな点です。

     

    まぁそれはさておき

     

     

    あさ、のモデル「広岡浅子」さんはこんなスゴイ人!

     

    モデルとなった「広岡浅子」さんは今でいうところの起業家
    広岡浅子

    ただ今の時代ならば女性の起業は当たり前で、もちろん「良し」とされるのですが、広岡さんの時代は幕末から大正の時代。その頃はまだ女性が世の中に出ることは敬遠された時代。。。に

     

    何と!

     

    銀行を作ったり
    生命保険会社を作ったり
    さらには女子の大学を作ってしまった。

     

    すご過ぎる。。。

     

    もちろん、女子の大学は日本で初のこと。
    ちなみに現在「日本女子大学」として存在している。

     

    女性の社会進出が「困難な時代」にここまで成し遂げるとはホントにスゴイとただただ思いますね。

     

    主題歌「365日の紙飛行機」で思うこと

     

    ドラマの主題歌はAKB48の「365日の紙飛行機」
    ワタシは当初主題歌が誰なのか分かっていなかった^^

     

    そして第1回目の放送のオープニングでこの曲が流れた時

     

    正直なところ「AKB48」が歌っているとは思わなかった。。。
    誰か違う歌手の人やろうと。

     

    つまり、あまりAKB48の歌を知っているワケではないけど、何かイメージとは少し違うな、という感想でした。

     

    ちなみに、AKB48の曲がNHKの朝ドラで使用されるのは初めてのこと。
    ちなみにワタシのお気に入りでもある「山本彩」さんがセンターなのはさっき知ったところ(笑)

     

    あと、この主題歌の歌詞は結構耳に残ってしまうんですね。
    特に

     

    「飛んでゆけ、飛んでみよう♪」
    の部分。

     

    これ、一度聞いてしまったら、しばらくの間アタマの中でリピートされ続けます^^
    アナタもそんな経験が一度はありませんか?(笑)

     

    奈良と八幡堀のロケ地はさらに賑わう。。。

     

    また、このドラマのロケ地も結構気になりまして

     

    最初の放送回でよく映る「あさの実家」の家並みは奈良県橿原市の今井町というところ。昔の京都の豪商の家ということなので、京都の現存する家かな?とも思いましたが、場所は奈良だった。

     

    京都生まれのワタシ的には少し残念であります^^

    スポンサーリンク

     

    また、後にキャストのくだりでも書いていきますが、あさのお姉ちゃん「はつ」さんが嫁ぐ山王寺屋界隈は滋賀県近江八幡市の「八幡堀」というところ。

    八幡堀

    このエリアは近江商人の町並みということで有名な場所でもあります。

     

    ちなみにこの堀が作られたのは戦国時代。
    この水運により街が発展。
    有名な「近江商人」を生むことになります。
    ちなみに長さが全長6キロもある。

     

    最近は朝ドラのロケ地をめぐる人も多いようなので、この場所もさらに賑わっているかもですね。

     

    キャストの中でも気になるキャスト?

     

    さて、「あさが来た」のキャストですが

     

    主演は波瑠さん。波瑠さんについてはもう良いでしょう^^
    で、その波瑠さんのお姉さん役が

     

    何と「宮崎あおい」さん。
    宮崎あおいさんと言えば、やはり朝ドラ「純情キラリ」のヒロインでした。
    その朝ドラヒロインで、かつ大河ドラマ「篤姫」でも主演を演じたこの御方が脇を固めております。

     

    ちなみに「純情キラリ」は2009年の前期の放送なので、少し時間は経っていますが
    この方、やっぱり「かわいい」です^^

    役どころは聡明で奥ゆかしさを持つ「はつ」という女性。
    ドラマの中では、このはつさんが姑のイビリにあったり、ケガをしたりしますが、そこも何だかポイントですね。。。

     

    また「あさ」の夫・白岡進次郎役として「玉木宏」さんも出演(関西弁超ウマ)

     

    第1週目の放送で、玉木宏さんとあさの子供時代を演じた「鈴木理央」ちゃんが許婚(いいなずけ)という設定に観ている人から結構反響があったことは記憶に新しい(笑)

     

    完全な大人の玉木宏さんと

    完全な子供の鈴木理央ちゃん

     

    そのふたりが結婚する。。。

     

    その絵面の不自然さが妙にインパクトがあったなぁと。

    あさが来た

    ちなみに、後ほどこれについてフォローする「ニュース」があり、この時代はこれくらい年の離れた結婚は珍しくはなく、むしろ普通の出来事だったらしいですが、そのニュースを見たことにより、かえって余計に気になりはじめました(笑)

     

    あとは玉木宏さんの「関西弁」のうまさ。関西人のワタシが聞いても特に違和感を感じない^^
    なので、関西人なのか?と思いきや「名古屋」出身の方だったので驚き!!
    それがプロというものなのか。。。と思わせる

     

    またも土方歳三役はあの人。。。

     

    また時代背景は幕末なので、やはり「新選組」が出てきました。
    その新選組の副長「土方歳三」役として「山本耕史」さんが出演。

     

    あれ?山本耕史さんって確か大河ドラマ「新選組!」でも土方歳三役だったなぁと。またしばらくの時を経て、再び土方歳三で現れる山本耕史さんもみどころでしょうか。

     

    脇役からブレイクする出世頭はこの人かも?

     

    また気になるキャストとして

     

    薩摩藩士でのちの「五代友厚」役を演じるのが「ディーン・フジオカ」さん。
    この名前とお顔立ちで薩摩藩士というところがちょっとオモシロイ。

    ディーン・フジオカ

    この五代友厚は今後の「あさが来た」でもポイントとなる役どころのようなので、このドラマをキッカケにこのディーン・フジオカさんがさらに脚光を浴びる日が来るかも知れませんね。

     

    NHKの朝ドラは毎回、脇役の中からどーーんと売れてくる傾向が最近ありますね。福士蒼汰さんや有村架純さん、清水富美加さんや門脇麦さんなどがそうかも知れないですが

     

    この「あさが来た」のキャストで今ならば

     

    「ディーン・フジオカさんが売れるのでは?」と。

     

    あくまでワタシの直感ですがね^^
    当たるかな?ワタシの予想。。。


    まとめ&感想

     

    現時点で放送第5週目

     

    視聴率の方もこの週に最高をマークしたこともあり、これからもさらに数字が伸びたり、あるいは安定したペースで推移するのでは、と。なので、まだ放送が始まって1ヶ月あまりなので、まだ観ていない方でもまだまだ間に合います。

     

    これまでのあらすじは「あさが来た」のHPにて結構詳細に書いてあるのでそれでカバーできると思います。また動画でも「5分で「あさが来た」という分かりやすい動画もあるのでなおオッケイかと。

     

    このサイトでも週ごとの感想をおもしろおかしく、独自の視点にて書いていきますので、そちらも良かったら読んでくださいね。

     

     

     

    スポンサーリンク

      コメントを残す