ウォーキングデッド6 第4話の感想(ネタバレ)モーガン祭りだ!

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

    昨日は金曜日。ということは「Hulu」にてウォーキングデッドシーズン6の最新話が配信される日。さっそくシーズン6の4話を視聴したので、今回はそのレビューと次回の予想(希望)についてまとめていきたいと思います^^

    もちろん、まだここまで観ていない人には「ネタバレ」しますのでその点はご注意を。

    4話を語る前に少し押さえておきたいこととして、前回の3話の終盤、メインキャストのグレンが「ウォーカーの群れ」の中に落ちて、その生死が今のところ分からない状況であるということ。

    ワタシも3話のレビューではかなり興奮気味で色々と書いておりましたが…その時の状況だけを切り取って考えると、グレンはまず助からない。のですが、生存説を唱えている人は案外多いです^^

    ワタシ的には「あるファンの方」が書いていたブログの内容を信じることにしました(希望をこめて)。その方のブログには色々と生存理由が書かれているのですが、ワタシがグレン生存を信じる決めてとなったのは2点あります。

    ひとつは

    かなり直球な話しですが、アメリカで9月頃にシーズン6の後半部分の撮影をしていたらしいです(現在はシーズン6の前半を放映中)。その撮影時、何とグレンの姿があった!らしいんです。ちなみにその画像も掲載されており、ワタシも確認したところ、ちょっと小さかったのですがあれはおそらくグレン(少なくともアジア系の男性に見えた)。

    どうですか!

    かなりの直球な理由でしょ!!(笑)
    直球

    もうひとつは

    アメリカでは、ウォーキングデッドで亡くなったキャストを追悼する番組が放送されるんですって(それスゴイ)。で、毎回死亡したキャラの俳優さんが出演して当時をいろいろと振り返る(笑)

    その番組にグレンは出演していない!らしいんです。

    どうですか!

    これも結構な直球でしょ!!

    その事を受けつつ、今回の第4話は。。。

    で、それを受けての今回の4話だったんですね。

    グレンが生存しているなり

    死亡しているなり

    いずれにしてもこの4話でその真相が少しは分かるかな?と期待していたら

    何と!

    今回は終始、モーガンの話でした!!!

    まさにモーガン一色です。

    グレンがどうなったか分かるとちょっと期待したのに(苦)

    まさかの「モーガン祭り」でした。。。

    モーガンが嫌いなワタシとしてはこんな面白くない回はない。。。^^でもシーズン6では間違いなく影響を及ぼすキャラなんで観ないわけにもいかない。。。

    なので、ちょっとだけ簡単に

    「あらすじ&レビュー」をする(笑)

    この4話、簡単に言うと、シーズン3でリックはモーガンと再会をします。その後、シーズン5の最後に再び今の舞台になっている「アレクサンドリア」でモーガンと再会するまでのストーリーです。これにより、その間のモーガンの過去が明らかとなるんですね。

    シーズン1でリックはモーガンに助けられます。そこで別れた2人は再会を果たしますが、その時のモーガンは「ご乱心中」です^^

    息子のデュエインをな亡くして錯乱していたモーガン。

    リックが行動をともにしよう、と言っても聞かないモーガン。

    リックに持っていた武器を渡して別れるモーガン。

    これがシーズン3の出来事、です。

    そこからモーガンはひとりで旅を続けている。ある森の中に簡単な場所を作り、そこで相変わらずウォーカーの「駆除」を行っています。とある時、迷い込んだ山小屋でイーストマンという男に出会います。

    イーストマンは元司法精神医学者。

    ウォーカーを倒してもお墓を作ってあげるような人。

    ほとんどの人は倒した後は放置するか燃やします^^

    スポンサーリンク

    そこに錯乱状態のモーガンがやってきます。イーストマンはモーガンを立ち直らせるために色々なことをしてくれます(モーガンがPTSD状態だとも教えてくれる)。それでも錯乱状態のモーガン。隙をみてイーストマンを遅います。しかし合気道を習っていたイーストマンに押さえ込まれます。

    「合気道、すごいやん!」

    合気道

    「ワタシも習おうかな!」

    さておき

    ねばり強くモーガンと対話することでついにモーガンは立ち直ります。そこで、シーズン6でちょっと話題にもなった「棒の技」もイーストマンから教えてもらいます。

    川べりでふたりで棒の練習をしている姿はまるで。。。オッサン版の「ベストキッド」のようでした(笑)

    余談ですが、これを書いたあと、ある方のブログを見たら同じく「ベストキッド」を取り上げていたことにビックリ。同じことを考えていたこと「まとこに光栄です」^^ちなみにシーズン6でモーガンが使っている「棒」はイーストマンから授かったもの。そうして、やがて復活をとげるモーガンですが、ある日、自分が以前殺してしまったウォーカーとなった少年に遭遇。

    動揺して動けないモーガンをかばい、何とイーストマンがその少年ウォーカーに噛まれてしまう!

    「早よ、倒せやコラッ!!!」

    とワタシの妻絶叫(笑)

    「ほらぁ~だから言わんこっちゃない~」

    と同じくモーガン嫌いの妻(笑)

    そこで一瞬、前の錯乱モーガンに戻っちゃいますが、やがて復活します。もちろん、イーストマンは亡くなりますが、キチンと埋葬するモーガン。
    お墓

    そして、再びモーガンは旅に出ることになります。で、やがて「アレクサンドリア」でリックたちと再び「再会」するに至る。。。簡単なあらすじを書く予定がメチャながくなってしまいました(つд⊂)

    ちなみにこの4話を見ればシーズン5の9話で、教会の祭壇にモーガンがそっと置いた

    お守り

    チョコレート菓子

    拳銃の玉

    これらが何なのか?
    何を意味するのか?

    シーズン5の9話の段階では分かりませんでしたが、この4話でそれが何か分かります。

    さて、先ほどから、モーガン、モーガンと連呼しておりますが一体どんな人?

    モーガンのキャスト紹介

    レニー・ジェームズ

    1965年10月11日ロンドンで生まれる

    イギリスの俳優。両親はトリニダード・トバゴにルーツがあるとか。

    主な出演作品

    映画

    サハラ 死の砂漠を脱出せよ(2005年)

    これはHuluで視聴しました^^

    スリーディズ(2010年)

    これもHuluで。。。

    コロンビアーナ(2011年)

    ワタシも観た作品もありますが、その時はもちろんモーガンだとは分かっていない^^

    まとめ&感想(5話の予想も)

    グレンのことに触れてくれる、と思ったシーズン6の4話。期待は次の5話へ。

    5話のタイトルは「波打つ不安」というもの。
    不安

    もうおそらくモーガンの過去バナはないし、アレクサンドリアに戻ったリックたちのストーリーになることは濃厚、、、

    その時にグレンが帰ってこない!ってことになり。。。という展開になるのではと。でも、グレンのことを触れて欲しいけど逆に触れられてもし普通に死亡していたら悲しいから。。。と曖昧なポジションにいます(笑)

    そう言えば、4話のオープニング曲で流れるキャスト紹介にグレンの名前が出てこなかったなぁ。。。まぁ、いずれにしても来週の金曜日まで楽しみにしておきましょう!

    それまでは

    「世界野球プレミア12」
    「7人制ラグビー」

    などを見て楽しんでおきますね♪

    【注意事項】 紹介している作品は、2015年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

     

    スポンサーリンク

      コメントを残す