いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第1話の感想

この記事は約 8 分で読むことができ ます。

    ついに月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の第1話が放送されましたね^^

    出典:https://www.youtube.com/

     

    第2話以降の「感想&あらすじ」や関連記事はコチラ

     

    それにしても…

    「タイトル長いねん!(笑)」

     

    以降、このドラマ名は「いつ恋」に略していきましょうか^^ちなみに主演の有村架純さんもある雑誌のインタビューの中でドラマ名が長いことを指摘され「いつ恋でいいんじゃないですかね」と語っていましたので。

     

    というわけで、さっそく月9ドラマ「いつ恋」の感想をまとめていきたいと思います。ちなみにこのサイトの感想はワタシの視点で見た独自のもの。出来るならばどこにでもある普通の感想は避けたなぁと^^

    20160119y_1_7

     

    あと、ちょびっと最後にあらすじも書いておきますね。


    ともかく、まずは「第1話」で気になった点をまずはピックアップして一覧に。

    「いつ恋」第1話の感想をピックアップ

     

    ・高良健吾さん演じる、引っ越し屋さん「練」の性格
    ・有村架純さんが時より発する「関西弁」に待望とメロメロになった事とか
    ・柄本明さん、サスがっす!腹立つわ~
    ・会社のトラックを約2日(?)ほど利用したらアカンやろ~という話
    ・んっ?安田顕さん?(笑)

     

    まずは、ワタシが結構好きな俳優さんでもある「高良健吾」さんから行きましょう!^^

     

    ちなみに、この「いつ恋」と高良健吾さん関連で以前に記事を書いています。
    イケメン高良健吾の映画や歌は?熱愛の噂とオシャレな私服の画像

     

    さてさて、高良健吾さん演じる引越し屋さん「練」ですが、言いですねその役どころ^^真面目なところ、で、不器用なところもある。仕事でかなり理不尽な扱いを受けても文句も言わずにただ黙々と頑張っていく姿。

     

    ただ、ワタシの妻からすると「高良君、しんきくさいな!」でしたけど(笑)

     

    ちなみに高良健吾さんと言えばですね、NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」での高杉晋作を演じた時のように

     

    女遊びはするし、三味線もひく、幕府軍に大砲を打ちかける、騎兵隊を設立して戦っていくなどのかなりの豪傑ぶりだったイメージが今もワタシの中に色濃く残っている。。。

    大砲

     

    その豪傑ぶりから一転した今回の「練」というキャラクターとのギャップにワタシはもうメロメロ。女子からすれば「シンキクサイ」になるのですが、同性とすれば「友達に欲しい!」なんて思えるキャラであります。

     

    自分がそうなりたいかは別ですが(笑)

     

    まぁともかく、手紙を届けるために東京から北海道までトラックで走っていく、なんて実直な人にただただ「びっくりポン」でした。


    次いで、有村架純さん演じる「音」

     

    まぁとにかく、何てかわいいのでしょうかこのお方^^

     

    ただ、ドラマが始まる前は「音」はもっと大人しい性格」というイメージを持っていました。

     

    ですが、実際には2160円入りの財布を届けてきた「練」に対して「警察に行こう!」と言ったり、「林田練さんはいますか」と尋ねた練に対して「音さんは死にました」などのセリフがあった頃から、

    お金

     

    「あ、ちょっとイメージとは違ごたわ」という感じでした。

     

    養父の柄本明さんにも言われるがままだと思っていたら、たとえ上っ面だけだとしても普通の親子みたいな会話もしている。。。ただ、音は与えられた環境の中で、小さな幸せを感じながら楽しんで生きていこうと考えている、そんな健気な女性であることは感じましたね。

     

    そして!

     

    時より混じる「関西弁」が素晴らしい!

    関西弁

    もともと兵庫の方なので関西弁は問題ないですね。

     

    ただ、標準語から一転して「関西弁」が入ったりするシーンもありました。これって話していて「こんがらがらへんかなぁ?」なんて感じましたけど(笑)

     

    ただ、有村架純さんの関西弁はそうそう聞けるもんではなかったので、それがドラマ内で見れて相当うれしいワタシ。これからも期待です!!


    小さい頃の「音」を引き取って育てた柄本明さん演じる養父。

     

    柄本明さんってホントこんな役をさせたらピカイチかも知れないですね!
    ホンマ見てて腹が立ちましたもんね(笑)

     

    平気で音の大切にしていた「お骨」を何とトイレに流してました(驚)

     

    また、育てた娘(音)をお金持ちと結婚させて、自分もその恩恵を受けようとする姿勢。結婚相手がどんな人間かはもう関係なく、お金を持って入ればそれでOK的なところにワタシも妻もイラダチMAX!

    怒り

     

    ただ、そう視聴者に感じさせる柄本明さんはさすがっす!すごいっす!


    あとですね、

    ちょっと気になるところを列記しますよ(笑)
    まぁドラマなんで仕方ないとは思いますが…

    スポンサーリンク

     

    まず、会社のトラックを無断で2日ほど使用したらアカンやろ(笑)
    ワタシは某大手運送会社にいた時がありますが、もしそんなことをしたら即クビはもちろん、どんなことになるか…^^

    トラック

    ※画像はイメージです

     

    また、積み荷に「桃の缶詰」があったけど、あの積み荷を待っている荷物の受取先はもうカンカンやろうね~(笑)

     

    さらに

     

    養母から「逃げなさい!」と言われた音。雨の中逃げていくと、偶然良いところに練が運転するトラックがある。

     

    「そんな偶然って…」
    「いくら北海道の片田舎でも、そんな偶然って…」

     

    と思いましたが、まぁここはドラマですもんね。
    もしここで練と音が出会わなかったらストーリーが前に進まない!^^

     

    まぁこれについてはこんなとこです(笑)


    あと最後に安田顕さん。
    出番はもうこれで終わりですか?まさかとは思いますが…

     

    でも、何だかこのイヤな男を演じる安田顕さんも結構いいなぁと思いましたね。


    ネットショップ駿河屋・楽天市場店より

     

    養父の柄本明さんの家に行き、プレゼントした時計を取り上げて去って行ったところ、そして、音が東京へ逃げて1年ほど経過したというところから、もう安田顕さんの出番はないのだろうか。。。

     

    ちょっとここであらすじも見ときましょう(面白おかしく)

     

    練は引っ越し屋で働いている。
    働かない上司やご祝儀をピンハネする先輩たち。その理不尽な中でも懸命に仕事を頑張る練。

    引越

     

    とそこに練の友人で晴太(坂口健太郎)が家に来る。
    バックパッカーの晴太はなぜかカバンを持っており、こっそりと見ちゃう練。。。^^

     

    そこには「音へ」と書いた手紙が入っており、その手紙を見た練は居てもたっていられず、会社のトラックを使用して一路東京から北海道へ。

     

    そして、クリーニング店で働く「音」と出会う。最初は泥棒&かなり変な人扱いされるが、次第に打ち解けていく二人。一緒にダムの建設予定地だった場所に行ったり、ファミレスに行ったりと(ちょっとこの辺り時間が前後しますが)

    ファミレス

     

    ちなみに「初ファミレス」にテンションが上がる有村架純さんはかわいかった(汗)

     

    やがて、音の家の養母が倒れ病院へ運ばれる。
    そして、出てきたところを「一応結婚する予定」の安田顕さんに目撃されちゃいます^^

     

    それで、怒った「一応結婚する予定」だった安田顕さんが、養父母の家に行き、養父にプレゼントした時計などももぎ取り家を出る。

     

    当然、養父としては怒っちゃいますね!

     

    その報復として、音の母親の遺骨を何とトイレに流す!
    だけでなく、別の土地を持っている男と結婚しろと言います。

     

    この辺りを表現する柄本明さんってもう絶品ですね(笑)

     

    それでも耐え忍ぶ「音」でしたが、養母が出てきて「もう逃げなさい」と。それで一気に堰をきったように家を飛び出す音。ちなみに追いかけてくる柄本明さんでしたね。。。

     

    で、雨の中を走っていると、トラックの故障を直して東京へ戻ろうとする「練」と出会い、一緒に東京へ!

     

    もうドキドキです^^
    20151202y_2

     

    そして、東京へ到着。友人に泊めてもらうようにお願いする間、練は路駐している道路で音の帰りを待っていますが

     

    ん?何やら若い娘が出てきて、練に抱きついたぞ!
    で、そこに音が戻ってきますが、何とそこには練の姿はなく…

     

    東京にたどり着いたその日に「東京でひとり取り残された音ちゃん…」

     

    練、一体何をやっとんのじゃい!というところで、第1話が終わっていきます。

     

    あ、違った。住み込みかな?住む場所を確保した音。その後、1年くらい時間が流れ、その間にガソリンスタンドの仕事中で「AAA」の西島隆弘さんにも出会ったり。これで終わりですね。


    ワタシ的まとめ&感想

     

    何でしょうね…ワタシは北海道が大好きで、かれこれ50回ほど訪れたことがあるのですが、あの音が住んでいた北海道の片田舎のあの風景がとても好きです。

     

    そんな素朴な街の中に「素朴な美女」の有村架純さんがいる。何だかとっても良いです!

     

    それはさておき

     

    次回は、いまだ練に会えないでいる「音」。
    介護施設で働くみたいですが、そこでその介護施設などを経営する会社の御曹司に気に入られます。

     

    その御曹司こそが、第1話でちょびっと出てきた「AAAの西島隆弘」さんなんですね。
    どうやら、いやーな御曹司かと思いきや、実は…みたいな役どころみたいですよ!

     

    そして、忘れてました。第1話の冒頭で魅せてくれました「高畑充希」さんのサービスショットも良かったですが次回の2話でも練への思いを募っているシーンもありましたね。


    カレンダー楽天市場店より

     

    だんだんと、いろいろなキャストも登場してくるので、今後も楽しみです!
    ということで、今回は終わりです(笑)

     

    スポンサーリンク

      コメントは受け付けていません。