いつ恋 第4話の感想、伊吹朝陽と練の告白は?5話のあらすじもアリ

この記事は約 8 分で読むことができ ます。

    月9ドラマ「いつ恋」の第4話が放送されましたね^^もう胸キュンキュンなワタシ(笑)ですが、今回はどんな展開になったのでしょうか?

     

    リアルタイムで観たワタシ。さっそく感想を中心にまとめていきたいと思います。
    またちょっと「解説」もアリ。

    出典:YouTube

     

    もちろん、録画中の人には激しいネタバレを起こしますのでご注意ください(笑)あとこの記事の「後半」で来週・第5話の「あらすじ」をまとめていきたいと思います。

     

    ちなみに来週は15分拡大版で、第1部(?)が完結するようですね。。。^^


    まぁともかく、この第4話に限っては

     

    超イライラがつのった回」だったと思います(怒)

    イライラ

    下記のこの点にワタシ、イラッ&激高しました。

     

    ・佐引(高橋一生さん)の傍若無人さ&見事なクズっぷり

    ・バスのシーンで「泣く赤ちゃんにキレる客たち

    ・同じくバスで、散らばった「音」の洗濯物を拾うヤロウたち

    ・練の音に対する態度(これは後ほど理由が分かるので…)

    ・小日向さんたち(笑)

     


     

    まず、柿谷運送で働く「練」の先輩(?) 高橋一生さん演じる佐引さん
    「ホンマ腹立つわ~!」

    出典:Twitter

    (ただ、この画像の佐引(高橋一生)さんはこんなにも穏やか…全然違うやんか^^)

     

    ドラマ中で、何が腹立つか?そのすべてです(笑)

     

    引越しの依頼者の時計やアクセサリーを盗もうとするし、練や同僚から金を貸してくれと迫るし、それ断ったらキレるし、練に八つ当たりするし、

     

    ともう散々でしたね(怒)
    ただしかし。。。

     

    観ている人間を「腹が立つ」と思わせるのは役者さんのスゴイところなのかも知れない…そう思わせる佐引役の高橋一生さん、やはりスゴイのか。。。

     

    唯一、許せたのは自分の子どもを保育園に見に行った時のこと。練と一緒にフェンスの外から「ぴょんぴょん」飛んで、中の様子を見ているところ、微笑ましてく良かったが、それくらい。

     

    ちなみに、その時の練演じる「高良健吾」さんが、やはりどうしても「もう中学生」に見えてしまったこと、これもあえて付け加えておきます(笑)


    そこでかなり溜まったストレス。。。

     

    バスの客同士のケンカのシーンや「音」の悩んだ末に購入した「たこ焼き」を蹴っ飛ばした「ヤロウ」、バスの車内に散らばった「音」の下着中心の洗濯物を興奮気味に広い上げる、これも「ヤロウ」たち。

    バス

     

    ここで怒りはマックス!
    隣にいたワタシの妻はさらに怒りマックス(笑)

     

    「東京のバスってあんな感じなん?」って思ってしまいました…


    それにプラスして、車内で助けを求める音を知らんぷりしていた「練」の態度。
    これでもう「来週見るのやめようかな?!」とまで思ってしまった(笑)

     

    見るけど^^

     

    あとは、介護施設も経営する小日向さん^^オマケで腹が立ちました(笑)


    でも、そんあ腹立たしい状況のドラマにこんなふたつの良いところがありました!

     

    ・練が音に告白したところ

    ・西島隆弘さん演じる「伊吹朝陽」がとてもイイヤツだったところ

     

    このふたつで救われましたね。

     

    練は一体「音」のことをどう思っているのか?

     

    これが今回第4話の中盤まで、そのキモチが分からなかった!ケガの療養をしている木穂子もいるのでそのまま木穂子としばらくは…

     

    と思っていたら、静恵おばあちゃんの家で「たこ焼き」を囲む二人。

    たこ焼き

     

    「あ、たこ焼き。。。」そう言えば!
    なぜふたりでたこ焼きをしたのか!今ようやく分かったような…

     

    バスの中で、音が購入したたこ焼きが下に落ちて、下車する男に蹴られて外へ出てしまった!それを練は見ていたから、この日「音」にたこ焼きを作ってあげようとした、という練の優しさだったのか!!

     

    と、この記事を書きながら今気づきました!(笑)
    ちょっと脱線しましたが、

     

    突然、あらたまった態度で「音」に話し出した練。この時まで、まさか「告白」するとは思わないワタシたち。

     

    でも

     

    「東京に来て5年が経ちました、杉原(音のこと)さんの事が好きになりました」
    「好きで好きでたまりません」

     

    と。あ、セリフはおそらく微妙に違う点はご了承くださいね^^

     

    この時はホントビックリしました!ついでに隣の妻も驚き。。。
    その時の「音」の涙がもう切なくて切なくて

     

    さらに「練」。今までよそよそしくしていた事を誤りますが、

     

    「またこれからもそうします」

    「好きな人のことをあきらめなければならないことが辛い」

     

    と。。。練も泣いてましたね(涙)
    このシーンは四十路のオジサンであるワタシも泣きましたよ^^

     

    さらに帰り道で、木穂子とすれ違った「音」が流した涙。これも泣きました…


    あともうひとつは

     

    AAAのにっしーこと「西島隆弘」さんが演じる伊吹朝陽。第1話での登場は「チャラいのが来よったわ~」と思っていましたが、回を増すごとにだんだんイイ男に^^

     

    ・介護施設の過酷な現状を、社長(?)の小日向さんや腹違いの兄に問題提起をする

    ・ハードワークで倒れた「音」を介抱。何もない音の部屋に電気ストーブや加湿器を買ってきて設置してあげたり

    スポンサーリンク

     

    それが終わると「じゃぁ帰るよ」と言い放つ。
    ワタシだったら何かを期待して、しばらくは帰らない!(笑)

     

    あのシーンがカッコ良かった。

     

    そして、絵が上手な「音」に夢について語るシーンなんかも良かった。西島隆弘さん演じる「伊吹朝陽」が今後このドラマのポイントとなるかもですね。

    出典:Twitter

     

    そして、伊吹朝陽・西島隆弘ファンがさらに増えそうな。。。


    ともかく、木穂子がいつ練の本当のキモチに気づくのか。練の部屋にひっそりと置いてあった電気ストーブ。

     

    おそらく「音」の部屋に置くつもりが、先に伊吹朝陽さんが「電気ストーブ&加湿器」を持って部屋を訪れたので結局渡すことが出来なかったモノ。

     

    木穂子はすでに既にその電気ストーブの存在に気がついていましたね。

     

    まぁ、ともかく音ちゃんも木穂子も、あと森川葵さん演じる「小夏」もすべて練のことが好きということ。

     

    「もう中」、いや練はモテますね。
    あの優しさに魅かれるのかなぁと。


    と、色々と語りましたが、ここらで

    来週「第5話」のあらすじをまとめてみますね^^

     

    冒頭にも書きましたが、来週は15分拡大で「第1章終了」です。

     

    ついに、朝陽(西島隆弘)が「音」にアタックですね!

     

    屋上の望遠鏡で星をを一緒に見ながら
    「僕のことを好きになれば両想いをあげられる」と。

     

    このセリフで、「ギャー」となる女性ファンはたぶん多いと思う。


    一方、

     

    坂口健太郎さん演じる「晴太」と森川葵さん演じる「小夏」。
    第4話にて屋上でキスをしてましたね^^

    出典:Twitter

     

    ただ、小夏の想いは「練」にある。それを知っている晴太。さらに、小夏の練への恋を叶えてあげると言っていた晴太。

     

    今回、その作戦のひとつとして
    練が地元の福島へ帰りたくなるようにすればいい、と助言をします。

     

    いらんことしよるな~(笑)


    そして、いつものバスで、練と木穂子に会う「音」。バスを降りて二人で歩く姿をせつない思いで見ている「音」。

     

    ツライっす(涙)
    落ち込む

     

    家に帰ってきた練と木穂子。
    そこで、先ほどの晴太&小夏コンビが登場です。

     

    小夏は、福島で暮らす練のおじいちゃんがケガをしたこと、買い物など生活に不便や苦労をしている、ということを話します。それは祖父思いの練としてはこの話はショック以外のナニモノでもない。。。


    また別のシーンでは

     

    音と永野芽郁さん演じる「玲美」が介護施設の雇用契約更新をしないと告げれるそうで。しかもメールで^^音ちゃんの仕事がなくなってしまう。。。かも。

     

    そして、静恵おばあちゃんの家で練と再会した「音」は、練のおじいちゃん「健二」がケガをした事を知る。。。

     

     ここがポイント! 

     

    八千草薫さん演じる「静恵おばあちゃん」の家で鍋を囲むシーンがあります。

     

    そこではまさかのメンバーが集まりますね^^

     

    練と音

    晴太と小夏

    そして

    木穂子

    何と、伊吹朝陽さんも来ている!
    あとは静恵おばあちゃん(笑)

     

    この主要キャストが全員で集まるのは初のこと。しかもこたつに入り鍋を囲む!

    いつ恋

    出典:YouTube

     

    そこで小夏が意味深な発言

    「みんなウソついてるでしょ」

    「両想いなんでしょ」

    「このままほっといていいの」

     

    というシーンがあります。これは何を意味するのか?誰と誰に対してのことなのか?
    その後、泣いている木穂子のシーンもありましたし…(こたつにて)

     

    早く見たいです!

     

    さらに「それっきり彼と会うことはなかった」と関西弁で語る、音ちゃんのセリフもあった。。。雪の積もる福島の田舎道を走る練の姿もあった。。。

     

    早く見たいです!(笑)

    出典:YouTube


    ワタシ的まとめ&感想

     

    まぁ、そんなすぐに「練」と「音」が付き合って、以降ラブラブになるというストーリーとは思っていなかったので良いのですがともかく、何か切なくてさみしい気がするこの「いつ恋」。

     

    最後、練と音はどうなるのか?

     

    今はまだよく見えてこないのですが、ひょっとしてハッピーエンドではない…??
    という気も^^

     

    何にせよ、来週の放送に向けて体調を整えておこう!(笑)
    これで終わりです。

     

    スポンサーリンク

      コメントは受け付けていません。