いつ恋 7話でブラック練がついに?! 感想と第8話のあらすじアリ

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

    月9ドラマ「いつ恋」の第7話が放送されましたね。3月いっぱいまでなので、もうあと残すところあとわずかとなってしまいました^^

    明日への手紙 プレミアムエディション(完全生産限定盤)

    ※画像はAmazonより

     

    「第一章」のラスト、これまでのイメージと大きく変わってしまった「練」に衝撃を受けてしまったのですが、今回の第7話では随所に「本来の優しい練の姿」を見ることが出来ましたね^^

     

    例えば、

     

    横断歩道にて、車イスに乗ったおじいさんが道路と歩道のわずかな段差を上がることが出来ず困っていた時。

    車いす

     

    様子を見に行った練が、そっと後ろから押してあげたシーンは思わず泣きそうになりました(泣)おそらく、亡くなった練のじいちゃんのことがオーバーラップしたのか。。。

     

    あの時の「練」の表情にグッと来ちゃいました。

     

    あと、自分たちがダマしたとはいえ、事務所の窓ガラスを投石で割った男に対しても、その男の「大切な写真」が挟んであったマンガ本を渡すために走って追いかけたりと。結局は石段から突き落とされてケガをさせられるのですが、それでも怒ることなくその本を返してやるシーン。。。

    石階段

     

    さらには

     

    いつものようにダマした男を車の中に連れて移動しようとした時、その男が母親に「仕事が決まった」と報告の電話をしていたのを聞いた練。それで連れて行くのをやめて、「帰れ!」と。その時に財布からおそらく2万円ほどを渡していた練。

    このあたり、

     

    「もういつもの練に戻る寸前やん^^」と何だかとてもうれしくなってきましたね(笑)それで、もうあのような仕事から足を洗うことをついに決意!(ついでの晴太も)


    あとは

     

    ・にっしー演じる「伊吹朝陽」さんが切なすぎる

    ・やっぱり「小夏」が腹が立つ

    ・冒頭の佐引さんが「音」に語るシーンが絶品

    ・音がおじいちゃんの遺品のレシートを練に読み上げるシーンに…

    ・静恵さんに再会した練&元の練に戻ったこと

     

    このあたりが「マイ・ポイント」でした^^


    伊吹朝陽さんが「音」の指に指輪をはめようとしたシーン。その時、指輪が「カラーン」と下に落ちてしまった時の「その表情」が何とも切なかった。。。

     

    もうこの時にすでに「音のキモチ」を読み取ったかも知れませんね。せっかく社長室での仕事を手に入れたはずなのに、もっと大切なモノを失ってしまう…みたいな^^

     

    ひょっとして、このドラマで一番ツライのは「伊吹朝陽」さんかも?

    出典:Twitter


    あと、小夏。

     

    練にデザイナーの学校に入る費用を工面してもらうシーン…
    何か腹立つ(笑)

     

    元はと言えば「あんたが悪いんやんけ…」(怒)

    怒る

    最後にはもう晴太に何とか面倒を見てもらうしかない…


    高橋一生さん演じる「佐引」さんの第7話の冒頭シーンにしびれました…

     

    喫茶店で「音」に練のおじいさんのこと、また練が変わってしまった経緯についてゆっくり話していくシーン。時間的には短かったのですが、ワタシ的には「圧巻だった」と^^

     

    喫茶店に入ってきて、ウェイトレスのお姉さんに対応するシーンですらその「味」を感じましたね…最初はあんなに嫌いやったのに(笑)


    音が練の事務所にて、おじいさんのパジャマの中にあった「レシート」をひとつずつ読み上げていくシーン。

    スポンサーリンク

    レシート

    ※画像はイメージです。

     

    入院中のおじいさんの行動が分かって、練の感情が一気に。。。
    ここにまたも泣きそうになったワタシ(涙)

     

    ただ、ワタシの妻は

     

    「こんなシーンが多すぎんねん、このドラマ」
    「このシーンいるか?」

     

    と言っていた…(笑)

     

    それにしても、練のおじいさん役を演じる「田中泯」さんの演技もホント素晴らしいなぁ。パジャマ姿で農道みたいな所を歩いている「うしろ姿」だけでもホントに「味がある」んですね(驚)


    最後に、静恵おばあちゃんの家に行った練。もうすっかり元の練でしたね^^その少し前、バスで「音」と再会した時にはもう「元の練」だった。

     

    静恵おばあちゃんに励まされ、話を聞いていた練を見ていると今回、3度目のうるうるタイムが来てしまった!あと、いいタイミングで練のひざ元に来た犬のサスケの絶妙さにも感動(笑)

    出典:Twitter


    で、来週の第8話はどうなるのか?

    8話のあらすじもちょっと見ておきましょう!

     

    ちょっと久しぶり感のある高畑充希さん演じる「木穂子」がどうやらプロポーズされるらしい^^で、音にもアドバイスをします。

     

    「プロポーズされたら何も考えずにOKしなければならない」と。
    「何でやねん?(笑)」


    そして、練はダーティな仕事を辞めたのち、またあの「柿谷運送」で働き始めます。でも確かあのダーティな事務所には小夏がいたはずでは…?

     

    どうやら練は小夏を連れて「静恵おばあちゃん」の家に身を寄せるようです。

     

    ただ…

     

    そうしたら、また「音」と再会することになりますやん(汗)
    リメンバー、あの「芋煮の夜」の修羅場…


    さておき、柿谷運送に戻った練は松田美由紀さん演じる柿谷運送の社長や佐引さん、加持さんなどに手荒く歓迎されるとか^^

     

    また、いつもの仕事帰りのバスで再会する「練」と「音」。さきほどワタシが心配していた「小夏とのご対面」は小夏がまだ帰宅していないため成立せず^^

    出典:Twitter

     

    で、その時に何話での出来事かは忘れましたが、いつぞやの観覧車の側で漏れてくるピアノの音色を二人で聞いていたというシーンがあったと思いますが、その場所を練が探したけど見つからなかったらしく、

     

    「あの場所」を探しにいこうと「音」を誘います。そして、その時「音」は練に伊吹朝陽からプロポーズを受けていることを告げると。。。


    また、予告編の動画では

    ・小日向史世さんと「音」のご対面

    ・練と伊吹朝陽さんとのご対面

    ・小夏と晴太ふたたび

    ・晴太と練の小夏をこれからどうするんだ?という話

     

    などなどのシーンがありました。
    まだまだ色々とありそうな感じです…^^

    出典:YouTube


    ワタシ的まとめ&感想

     

    ともかく、練が元の優しい練に戻ったことで何だかホッとしています。
    ダーティな練も確かにカッコは良かったけど…

     

    でもここまで来ると、一体最後はどんな展開になるのやら?とそこがだんだん知りたくなってきませんか?まぁいずれは分かることなんですけどね(汗)

     

    何となく、このまま行くと、「伊吹朝陽」さんだけがさみしい人になるのでは?と思うのですが…

     

    ということを思いつつ、今回はこれで終わりにします^^

     

    スポンサーリンク

      コメントは受け付けていません。