いつ恋8話「好きです」の感想、第9話の展開は?あらすじ&ネタバレ

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

    「いつ恋」の第8話が放送されましたね。この8話での「練」はもうかつての「ブラック練」の影はすっかりなくなってしまいましたね^^

     

    ただ、ブラック練になる前の「ピュア練」とは少し違う、何て言うんでしょうか、少し明るくて積極的になった気がするのはワタシだけでしょうか?^^

    出典:Twitter

     

    ということで、今回は「いつ恋」の第8話の感想を簡単にまとめてみましょう。

     

    そして今回ラスト、メチャいいところで終わってしまったので、気になる来週の第9話あらすじも触れていきたいと思います。録画していてまだ観ていない人はネタバレ注意ですね(笑)

    危険


    ともかく、第8話

     

    有村架純さん演じる「音」の揺れ動く心の様子が中心でしたね^^西島隆弘さん演じる「伊吹朝陽」からプロポーズを受けているが、いまだ返事をしていない「音」。

     

    「伊吹朝陽」についてはコチラにも記事があります。
    西島隆弘 伊吹朝陽役で月9ドラマに!ブログとTwitterや身長も

     

    朝陽に「結婚するか、分かれるかだよ」とまで言われて、いまだ返事をすることが出来ないのはやはりキモチはもう「練」にあるからですよね^^

    出典:Twitter

     

    朝陽も少しずつ変わってきました。

     

    前に入所していた老人とのエピソードは「音」にとっては貴重なふたりの思い出。それを「音」が語った時に「すっかり忘れていた」伊吹朝陽さん。これが結構な決め手になったかもです(汗)


    さらに、

     

    音と朝陽、そして朝陽の父「征二郎」との会食でもう完全に「終わった感」が漂いました(笑)

     

    音のこれまで生きてきた経歴を詐称する朝陽さん^^
    もうこの時点で完全にアウト…

     

    そして、その父・征二郎の「超上から目線」の態度。最終的に「音」は征二郎に「歓迎する」と握手を求められるが、応じることが出来ず^^

     

    まぁそりゃそうですね(怒)
    ワタシなら「なめとんかぁ、ワリャー」とキレて席を立つところ…(笑)

    怒る

     

    そのあと、征二郎の車を見送った朝陽が「音」の姿を探した時、もう音の姿がなかったことで
    「完全に終わったな…」と。


    一方の「練」

     

    古巣の「柿谷運送」に戻り、また仕事を始めます^^
    やはり練君はスーツより柿谷運送の服が似合う(笑)

     

    仲間も手荒ながら歓迎してくれたし、社長や高橋一生さん演じる「佐引」とも距離が縮まったような。

    高橋一生さんは別記事にまとめています。
    高橋一生 Twitterやブログは?彼女はいるの?結婚は?実家も

     

    ちょつと余談ですけど、

     

    練の誕生日に「コンビニケーキ」を練に差し出した「佐引」さんに涙しました…そして、あれだけのシーンなのにその演技力にも驚き(汗)

    コンビニケーキ

    ※画像はイメージです。

     

    練については、もうすっかり元のやさしい練の姿に。


    あとは、晴太がやってくれました!

     

    小夏の甘えた心に一喝!
    「もう練君に頼るのをやめなよ」と。

     

    小夏がパソコンを投げつけたシーンには怒り心頭でしたが、晴太のまっとうな意見にホントすっきりした^^

     

    小夏のことはもう晴太にまかせるしかない。。。

    スポンサーリンク

    出典:Twitter


    そして、最後の修羅場のシーンへ

     

    「音」のアパートを訪れた練。音のことを心配してアパートの前に待っていた練は部屋の中へ入れてもらいます。ふたりで色々な会話をして、音が練の似顔絵を描いていた時

    出典:Twitter

     

    練が音に「好きです」と告白。
    音も「ずっと練のことを考えていたと」。

     

    オジサン、胸がキュンキュンしているところに、何とドアの開く音が(驚)
    やってきたのは「伊吹朝陽」さん!

     

    はい、久々の修羅場ですね・・・
    朝陽さんのその表情が何とも言えないなぁと感じたところで、第8話は終了。

     

    そこで終わってしまったら、第9話が気になって仕方ない!


    ということで、

    「いつ恋」の第9話のあらすじをまとめてみました。

     

    音が練のキモチに答えて、話そうとした瞬間
    朝陽が部屋に入ってきた修羅場のシーン。

     

    練は「勝手に自分がこの部屋に来た」と言って、外で朝陽との話し合いをもちかけますが朝陽は拒否^^

     

    まぁそらそうか^^


    場面は変わり、家に戻った練。その直後に、今度は朝陽がその家にやってきます。

     

    そして、音と2年間付き合い、プロポーズをして結婚の話も進めていることを話したのち、

     

    それが納得できないのならば
    「和解のお礼をさせてもらう」と。

     

    朝陽よ、それがアカンねん…
    そこが「音」に気持ちが届かへん理由やねん…

    20160308y

     

    ちょっとかわいそうな気もするけれど、イヤなヤツになってしまった朝陽…

     

    で、その話を小夏&晴太が聞いています。
    小夏はそれに反発。

     

    「練の音への気持ちはお金で買えるものじゃない」と。晴太もそう思ってました。


    場面は変わり、

     

    家にいた小夏が母親と電話をしていました。練がその電話に代わります。実は、練のじいちゃんが残した大根の種が収穫の時期を迎えたと。なので会津に戻って手伝いに来て欲しいという内容だった。

    20160308y_1

     

    で、直後に高畑充希さん演じる「木穂子」がやってきて、練と久しぶりの再会を…

     

    また、予告動画では

     

    ・朝陽が「君が誰を好きでも構わない」と言いつつ、「誰にも渡さない」という少し意味不明なシーンや

     

    ・大根の収穫をしに会津に戻る練が「音」も一緒に行こうと誘うシーン

     

    ・おそらく「芳根京子」さんと思われる方と街で出会う「音」のシーン

     

    ・晴太と小夏が語り合うシーン

     

    ・うなだれて壁の前に座り込む朝陽のシーン。

     

    そして、「音」が「もう決めたの、自分で決めた、お別れしてくる」
    というセリフで予告動画が終わるのですがそれが誰に対してなのか?というところ^^

    出典:YouTube

     

    普通に考えたら、朝陽に対してだと思うのですが…もし、練への気持ちを断ち切って朝陽と結婚した場合は何とも盛り上がりに欠ける結末…

     

    あと、芳根京子さん演じる少女と「音」が街で出会ったシーンが案外重要なのでは?という気がしてならないワタシ…まぁこのあたりはまた来週ですね。


    ワタシ的まとめ&感想

     

    ぶっちゃけ、視聴率がイマイチと言われている「いつ恋」。ですが、ワタシにはそんなことは関係なく、めちゃキュンキュンしてみています、妻に白い目で見られつつ、えぇオッサンが(笑)

     

    実は月9ドラマをちゃんと観たのはかなり久しぶりで。
    思わず、今後発売される「Blu-ray」を買っちゃいそうな勢い^^

     

    それくらいハマっている「いつ恋」があとわずかで終了しそうですが、最後まで気を抜かずしっかりと観ていきたいと思います。(笑)

     

    スポンサーリンク

      コメントは受け付けていません。