松田宣浩まばたきの理由は?天然説と嫁・子供について、FAで巨人は?

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

世界野球プレミア12の初戦。宿敵韓国に圧勝した侍ジャパン。序盤はかなり緊張しながら応援していたワタシも、中盤からはゆとりを持って見ることが出来た展開。

 

特に大谷翔平投手のピッチングはスゴかった。対戦した韓国代表の監督も特にフォークボールのキレに脱帽したと言ってましたね。あとは「恐怖の8番」と言われている平田良介選手も良かったんですが、、、


ワタシが注目したい選手は、松田宣浩選手です。

そうあの「まばたき」がトレードマーク(?)のソフトバンクの松田宣浩選手ですね。

 

何でしょう、、、
野球の技術も当然高いのですが、それよりもその「気合い」が好き。
画面から見ても松田選手の気合いがほとばしっていたのは十分感じました^^

 

「韓国戦」でもライト線に放ったあの見事な流し打ち。
打って1塁へ走り出す時になにやら「言葉」を発しながら走っていった「あの姿」にちょっと感動すら覚えちゃいました(笑)

 

「この姿見たら、こりゃチームも鼓舞されんでぇ」と。
ということで、今回は侍ジャパン代表の「松田宣浩」選手をちょい掘り下げていきます!


色々と掘り下げることはあるんですが

まずはその前にプロフィールからいきます^^

松田 宣浩(まつだ のぶひろ)

1983年5月17日生まれ 
滋賀県草津市出身

身長180センチ、体重89キロ
福岡ソフトバンクホークスに所属、内野手

小学校2年生から野球を始める。中学で栗東ボーイズに入り「硬式野球」へ

高校は「中京高校」へ進学 2年の夏に甲子園に出場 那覇高校に初戦敗退。
ちなみ高校通算で61本のホームランを放つ

甲子園

大学は「亜細亜大学」へ進学
1年から4番で東都大学リーグ出場。

3本のホームランを放つ
2005年の秋、ドラフト会議で「希望入団枠制度」 に
より福岡ソフトバンクホークスへ入団。背番号は「5」

 

まず余談ですが、松田宣浩選手の出身地、草津市は現在ワタシの近所(笑)
なので詳しい^^

 

高校通算61本のホームランはすごいです。

侍ジャパンでは
平田良介選手 70本 、筒香嘉智選手 69本

あの清原和博さんで64本なので、そのすごさは分かりますね。

 

ちなみに松田選手には「双子のお兄さん」がいる(松田教明さん)。
そして高校2年の春、共に甲子園に出場しているところもすごい。

お兄さんは高校卒業後、社会人野球へ。現在は引退して会社員をされている。

 

亜細亜大学時代には「リーグ通算24本塁打」の記録を抜けるのでは?と期待されていましたが、部員の不祥事があり対外試合禁止となり試合出場出来ずに記録更新にはならなかったというエピソードも。


さてさて

プロフィールはここまでとしてちょいと野球から離れた松田宣浩選手の「あれこれ」からいきます^^

まずはこれ、松田選手の嫁、奥さんについて。

 

松田選手は2008年にKBC九州朝日放送の元アナウンサー「柴田恵理」さんと結婚している。野球選手と女子アナが結婚するあのパターンです^^
松田恵理

名前を見て一瞬

「ん?柴田理恵さん?」
と思いましたが、名前逆(笑)

 

では松田宣浩選手の嫁は一体どんな方??

 

松田 恵理(まつだ えり)旧姓:柴田

松田理恵

1983年8月31日生まれ
福岡市出身

西南学院高等学校を卒業後、青山学院大学へ
2006年にKBC九州朝日放送へ

結婚によりKBCを退社。
以後フリーとして活動

2010年に子供を授かったこと、また夫婦お互いの体調を 管理するために活動を休止。 この年に男の子を出産されている。

この子供さんは10月7日に生まれ、お名前は「一冴」(いっさ) くん。

 

 

松田選手のプレー同様なにか「スルドイ」ものを感じさせる、子供さんのお名前ですね^^

 

ちなみに、嫁の恵理さんは東京でフリーアナウンサーとしての復帰を熱望しているとか。

 

それにより、一部の噂で

「嫁との不仲説」

あるいは

「離婚説」

などもあるようですが、これは恵理さんが「東京での仕事復帰を熱望している」というところから出ているのかも知れないですね。

スポンサーリンク

 

松田宣浩選手がソフトバンクに残留した場合は
「福岡」と「東京」で離れ離れになってしまうので。。。

 

そんなところから、ひょっとして「不仲・離婚説」と言われているのかも知れませんね。

 

ただ、これはあくまで噂ではないかとワタシは思います。

 

松田宣浩選手と言えば

 

闘志あふれるプレーの他にやはり「まばたき」が特徴的。

 

「マッチ」の愛称で呼ばれることもありますが、まばたきとプラスで
「またばたマッチ」とも言われている。

 

確かに、そのまばたき。
回数が多いところが

 

気になります^^

 

よく見れば、ヒーローインタビューの時などはもちろん、プレー中もまれにまばたきを見ることがある。バッターボックスに入っている時もあったりしました^^

 

ワタシはいつまばたきをするのか、そっちが気になってプレーを見ていない時があったりします(笑)

 

これには諸説ありまして

・単なる癖  ・チック病  ・ドライアイ

 

単なる癖やドライアイならまだ良いのですが、チック病というのは何かイヤ(笑)

チック病とは

意思とは無関係にまばたきなど、体が勝手に動いてしまう症状らしい。

 

ただネットでは「チック病だ」と語っている人が多いのですが、これについてはご本人が「そうだ」と明確に言われているワケではないので

 

このサイトでは「諸説あり」ということにさせて頂きます。

 

いいか悪いかは別として。。。もしまばたきが

 

「野球におけるひとつのリズム」
になっているならばムリにやめるわけにもいかないような。。。

 

2015年の成績と年俸、そして「巨人」というキーワード

 

松田宣浩選手の2015年の成績
これはスゴイものがありましたね。

ホームランは35本
これは自己最多です。

打点は94点
それに加えて、選手会長を努めチームを日本一に導きました。
ちなみにソフトバンクは2連覇になる。

 

打撃の成績自体もいいのですが

 

何よりも「チャンス強い」というイメージが定着していますね^^同じような成績の選手でも、このチャンスに強い「勝負強さ」があるとないでは全然違います。

 

松田宣浩選手はともかく、良い場面で打ちチームの勝利に貢献できる
そんな選手。

 

守備でも過去に「ゴールデングラブ賞」を3回受賞しており
足も速く、肩も強肩という三拍子揃った選手でもある。

 

なので年俸も

 

2億2.000万円プラス出来高と非常に高い年俸です(2014年から2年契約である)。

年俸

 

巨人というキーワードについては

 

松田選手がドラフト会議に時に「巨人」への入団を希望していたとも言われており、FA権(フリーエージェント)により
国内へ残留した場合に

 

「巨人への移籍があるかも?」
と噂されたため。

 

また、松田選手の2億2.000万円という高額な年俸より、高い年俸を出せるチームと言えばやはり「巨人」しかない。という情報もありました。さらには、奥さんの恵理さんが「東京で職場復帰を望んでいる」ということから「巨人」という選択肢があったとも。

 

ただ、今のところ

 

「他チーム」への移籍はもうないようです。
なのでソフトバンクに残留かと。

 

ただ

 

海外のFA権は取得したので「メジャー移籍」はまだ可能性として選択肢が残されていますね!

 

もし松田宣浩選手がメジャー移籍となると、ソフトバンクは李大浩(イデホ)選手もメジャー移籍表明をしているので

 

それはそれで、結構大変な事態になりますね(汗)


まとめ&画像

 

ワタシの個人的な意見としては
メジャー移籍はやめて、ソフトバンクに残留して欲しいと願います。

 

今、メジャーでプレーするって事がそんなに魅力があるとは思えないからです^^

 

日本の野球の技術は一番なんで、そこでプレーしておけば良い、と。

 

メジャーへ行き、試合にもあまり出してもらえずに「鳴かず飛ばず」の中途半端な成績で帰国する選手に松田選手をさせてたくはないんですね!その可能性は結構あるかと。

 

メジャーで魅力的なのはお金「年俸」の部分だけかな(笑)

 

今シーズンではリーダーシップを発揮して、勝負強く好成績を残した松田選手。
天然キャラであるとも言われているけれど

例えば
「ハワイって国?」の発言や
「日本って時差があるの?」

さらに ボール球を打ってホームランにした時のインタビューで
「ストライクしか打たないように心がけた」

 

などなど、かなりの天然エピソードもある松田宣浩選手ですが

 

そんなあなたが「闘志」と「気合い」をむき出しで

「世界野球プレミア12」にて侍ジャパンを鼓舞し続けている
アナタがワタシは大好きです!!!

侍ジャパン

今の時点で「残留」か「メジャー」かという話も大切なんですが、まずは

「世界一」を頼みます!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す