松尾大社は酒の神?松尾大社駅や駐車場などアクセス、山吹とランチ情報

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

    京都タワー
    突然ですが実はワタシ、京都生まれの京都育ち。生粋の「京都人」どす(笑)なので近所には寺社仏閣がたくさんありました。ただ、若いころはあまり興味がないんですね(汗)

     

    ただ、少しずつ年齢を重ねてくると
    「あのお寺の造りは立派やなぁ…」

    とか、「あの神社の歴史ってスゴイんやなぁ…」とその風景や歴史のスゴさに少しずつ気づいてきます^^

     

    すっかり前置きが長くなりましたが、この「Yukikaze-Office.com」では寺社仏閣をひとつの大きなテーマとしてカテゴライズしていきたいと思います。

     

    というワケで、まずは
    京都の西京区にある「松尾大社」を一番最初にピックアップして参ります^^

    松尾大社

     

    なぜトップバッターが「松尾大社なのか?」
    それは「近所だったからです(笑)」

     

    それはさておき、まずは京都でも最古の神社の一つである

    松尾大社についてまとめてみました。

     

    松尾大社(まつおのたいしゃ)
    松尾大社社殿

    所在地:京都市西京区嵐山宮町3

    八坂神社場所としては、京都の西部となります。おおまかに言えば「四条通り」という有名な大路をずっと西に進んでいけばこの「松尾大社」に最終的にあたります。

     

    また、西の端はこの松尾大社ですが、東の端は有名な「八坂神社」となりちょうど対峙する ように鎮座しています。

    創建  大宝元年(701年)

    主祭神 大山咋神
        中津島姫命

    神体  松尾山

    元来は松尾山(標高223メートル)に残る磐座での祭祀に始まるとされ、大宝元年(701年)に文武天皇の勅命を賜わった秦忌寸都理(はたのいみきとり)が勧請して社殿を設けたといわれる。その後も秦氏(はたうじ)により氏神として奉斎され、平安京遷都後は東の賀茂神社(賀茂別雷神社・賀茂御祖神社)とともに「東の厳神、西の猛霊」と並び称され[1]、西の王城鎮護社に位置づけられた。

    出典:https://ja.wikipedia.org/

     

    ちなみに、この松尾大社は「お酒の神」として信仰されています(中世以降)。

    酒の神

     

    なので、境内にはお酒の樽がたくさん設置されていたり、お酒の樽の底を弓矢の的に見立てた「酒樽の占い」(正式名称は不正確です…)などもあったりしますね。特に京都は昔ながらの造り酒屋の多い街なので、その関係者からもとても篤い信仰があることで知られています。

     

    余談をひとつ。
    ずっと「まつおたいしゃ」と思ってウン十年が経ちますが(笑)実は正式には「まつおたいしゃ」が正式名称らしいと知った時には結構驚愕でした。。。

     

    松尾大社へのアクセスは?

    【電車】
    電車では最寄りに「阪急電車嵐山線」の松尾駅大社があります。

    阪急電車

     

    駅からは歩いてすぐに行けるのでご安心を。駅を降りて左側(西側)を見るとすぐに鳥居を見ることが出来ます。余談ですが、知らない間に「松尾駅」が「松尾大社駅」に変更されていたことに衝撃を受けました(笑)

     

    【バス】

    京都市営バス
    京都バス

    京都市営バスは「京都駅」より「嵐山大覚寺行き」に乗って
    「松尾大社前」という停留所で下車。

     

    京都バスは「京都駅」より「苔寺行き」に乗って
    「松尾大社前」にて下車。

    なお、京都駅からは市内を経由するため、休日や時間帯によっては「渋滞」によりかなり時間がかかる場合もあります。なので、時間には十分余裕を持たれると良いかと思います。

     

    松尾大社には駐車場はあるのか?広さや料金は?

     

    駐車場はあります。場所は神社の南側にあり、広さも十分。きちんと舗装もされており、平日ならばストレスなく広く停めておくことが可能です。

     

    料金は「無料」ですが、お賽銭的な料金を入れる箱があります。
    また駐車場から神社までの距離も大変近いのでその点では安心ですね。

    スポンサーリンク

     

    一方通行
    ただ、神社前の車道はかなり狭いです。このあたりは京都特有の道ではありますが一方通行はありません。まれに大型バスの観光バスが通行したり停車していたりするので、その点だけは注意が必要かも知れませんね。

     

     

    松尾大社近辺のグルメ

     

    よく神社やお寺の近辺には、例えば「おいなりさん」や「おまんじゅう」などの名物となる食べ物があるケースは多いですね。でも、実はこの松尾大社にはそれといった食べ物がありません(汗)

     

    また、周辺にも飲食店はとても少ない。ただ、門を入ってすぐ右に休憩できるお店があります。

     

    休憩処 団ぷ鈴

     

    その喫茶店の前には京都の「お漬物店」があります。
    松尾大社の名物ではありませんが「京都を代表とする」お漬物がお土産として購入できます。

     

    ちなみにその隣は「お酒の展示室」のようなものがあります^^
    結構楽しめるかも(笑)

     

    忘れていました!

     

    実は阪急松尾大社駅前、松尾大社の大鳥居横に「京料理 とりよね 」さんという料亭・お食事処があります。京都では結構有名。

     

    ここでは、日本庭園を眺望しつつ「活鶏水煮」を食べることが出来ます。活鶏水煮とはいわゆる「水たき」のこと。それもただの水たきではなく、このとりよねさんで代々から伝わる名物でもあります。

    水たき

    出典:http://www.toriyone.com/

     

    あとは、懐石もあればお弁当もある。
    さらには京野菜を厳選する野菜ソムリエさんまでいる、というようなお店。

     

    あとはですね!
    岩風呂があります!!食事予約をされた方には無料で利用ができますよ。

     

    京料理 とりよね

    電話番号:050-5518-6446
    住所:〒616-0022 京都市西京区嵐山朝月町66              

    駐車場   有(専用35台)

    営業時間  月・火・木~日
          昼の部 11:00~15:00(L.O.15:00)

          夜の部 17:00~22:00(L.O.21:00)

    定休日     水曜日

    平均予算       3,000円(通常平均)5,000円(宴会平均)2,000円(ランチ平均)

    ※クレジットカードも利用できます。

     

    あとは、そのまま嵐山まで出ると、実にいろいろなグルメに出会うことが出来ますのでそちらもおススメします。

    嵐山についてはコチラの記事で詳細をまとめています。
    嵐山の人気観光地は?嵐山駅の足湯と竹林(花灯路ライトアップも)

    阪急電車ですと、次の駅、車は渋滞しない限り10分~15分。
    頑張れば歩いていくことも十分可能です(実はおススメ)


    ワタシ的まとめ&感想

     

    京都でも最古の神社のひとつである「松尾大社」。
    その歴史や建物ももちろん素晴らしいのですが、

     

    実はこれもおススメ。

     

    山吹それは春に咲く「山吹」ですね(見ごろは4月中旬から5月上旬)
    楼門を抜けて、本殿に行く途中に川が流れているのですが、この川がとても素晴らしい雰囲気を見せてくれる^^

     

     

    ちなみにその川は「一ノ井川」というキレイな小川。

     

    その両端に鮮やかに咲く山吹。それが、石灯籠や蔵というロケーションに見事に栄えます。

    20160116y_10

     

    ここだけで、「あぁ京都に来たなぁ」と思えるのでは?というよりは、実はここが一番の松尾大社の見どころだったりして(驚)

    20160116y_6

     

    あとは水車や石の橋なんかもその風情をさらにアップさせますね。ちなみに山吹は3000株らしいですよ!

     

    ひょっとして、京都以外の方からはあまり知られていないかものこの「松尾大社」。まだの方はちょっと京都の西へと足を運んでみてはいかがでしょうか?

     

    嵐山も近いので^^

     

    スポンサーリンク

      コメントは受け付けていません。