ナオミとカナコ ドラマ第2話の感想&あらすじ 次回3話はこうなる?!

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

    ナオミとカナコ
    ドラマ「ナオミとカナコ」の第2話が放送されましたね^^

     

    もうすでに次回が気になって仕方ない!だって、第3話の予告をチラッと見たら広末涼子さんと内田有紀さん

    出典:http://www.fujitv.co.jp/

     

    なんと「穴掘ってはりましたやん~ ( ̄ー ̄)ニヤリ 」

    ナオミとカナコ

    出典:http://www.fujitv.co.jp/

     

    でも、次回の前にまず今回(第2話)の感想&あらすじをじっくりやっていきましょうか^^
    第3話の展開については、この記事の後半に第3話について書くことにします。

     

    相変わらず、ワタシ的な感想や意見で構成されているので、その点はご了承くださいね。
    また、まだ未視聴の方には激しいネタバレがありますのでご注意を!


    まず何と言っても、今回の注目ポイントはここでした。

    第2話の主な出来事とその感想

     

    ・佐藤隆太さん演じる「達郎」の狂気としか思えないコワーいDV

    ・内田有紀さん演じる「カナコ」と約束した直後にもうDVをしてしまう達郎

    ・ついに警察につかまらないで「旦那を殺す方法」をひらめくナオミ

    ・富司純子さん、なぜ出てきた?次に繋がる何かがあるのか…

    ・今回も高畑淳子さん演じる謎の中国人・李朱美がアツい^^キーパーソン!

    ・今はまだ出番が少ないけど、必ず後でボディブローで効いてくる吉田羊さん

     


    このあたりでしょうか^^

     

    まぁ、後はカナコの夫・達郎にそっくりな中国人「林竜輝」が不法滞在によって、高畑淳子さん演じる・朱美の会社をクビになり露頭に迷うってのもありましたが、そこは「次回の展開」にて。

     

    では、ひとつずつ述べていきましょう(笑)

     

    まず、佐藤隆太さん演じる「達郎」のDVの凄まじさ。

    凄まじい

     

    今回もやはり、それはもう「怖いくらい」でしたね(涙)
    今回はDVのシーンはないのかな?と思っていたけど、それは甘かった。

     

    自宅マンションの玄関で部屋に入らず怒りだす「達郎」。あれを見たときに「あぁ、またかいな~!」とビビッてしまいましたね^^

     

    そして、内田有紀さんの髪をつかんで、引きずり回す。
    あとはマフラーで絞めてましたね。

    DV

    ※画像はイメージです

     

    もうこれはもちろんDVですが、犯罪です…
    さらには雨の吹きつけるベランダで朝まで放置されちゃいます。

     

    「内田有紀さん、確か半袖でしたやん…」ちょうど季節も1月20日と言ってましたんで「真冬」。マジで無理でしょ。

     

    ただ、ワタシこう思った。これを演じている役者さんはホント大変だろうなと…DVをする夫を演じる佐藤隆太さん、される側の妻・内田有紀さんどっちも大変やろうなぁと。特に内田有紀さんの演技はスゴイかも。

     

    シーンの撮影が終わって「はいカット!」となった時に、佐藤隆太さんと内田有紀さんの表情などが見たいモノです(笑)

     

    最後に、朝になりカナコのいるベランダを開けた達郎の一言、
    これにみんな、さぞかし凍り付いたことでしょう(驚)

     

    「早く、飯作ってよ。。。」と

     

    凍える手で、タマゴやサラダを作っているカナコ。その横で知らん顔でコーヒーをすする達郎。もうこりゃ限界だ!


    次は、ついに「警察に捕まらないで殺害する方法」をあみだしたナオミについて

     

    ノートに何やら「単語」を色々と書いていましたが、最初計画はどうやっていくんやろう?と全く予測がつきませんでしたね^^

     

    これは次の項目の「富司純子」さんとかぶるのですが、そもそもナオミは高齢の方になぜインターネットバンキングをおススメしたのか?これが不思議でしたが、

     

    後にこのインターネットバンキングも完全犯罪を構成するひとつになるのでしょう。
    それまでは「なぜここで富司純子さんを出す?」と思っていましたが…

     

    これに関しては次回第3話ですね!


    あと、結婚記念日の食事のシーンにて

     

    スイーツを食べ震えながら「もう暴力はふるわないで」と恐る恐る達郎にお願いしたカナコ。

     

    一瞬、達郎の表情が変わったのでこりゃ、「やっべーぞぉ!(コロチキ・ナダル風に)」

     

    こりゃホテルのレストランで暴れ出すぞこりゃと思っていましたが、意外にもこの時に「わかった」と約束した達郎。

     

    そう言ったハズなのに、結局全然分かっとらへんかったこの男…

     

    「分かった」と言われて、ご機嫌で達郎と帰宅したカナコ。ひとときはシアワセそうでしたが、近所のお金持ちの御曹司夫妻に出会うことで状況が一変しましたね。

     

    少し会話をした後、「あんな家族になりたぃ」的な発言をしてしまい、達郎がそれに激怒。
    そしてついにDVがスタートしてしまう。

     

    一体、この男はなぜそんなくらいの発言で怒ってしまうのか…
    完全に心が病んでいますね。

     

    またこういう事が、ドラマだけでなく現実世界でもあると言われている。そこにホントびっくりです。

    スポンサーリンク

    さてさて、今回も謎の中国人・李朱美を演じる高畑淳子さんが躍動してましたね(笑)
    この人の影響をナオミは結構受けてしまっている^^

     

    「コロシテシマイナサイ」と前回はたきつけ、今回は「マダコロシテナイノデスカ」と言っていた高畑淳子さん。さらに「海に死体を捨てれば魚が全部食べてくれます」とも言ってた(笑)

    魚

     

    今後も何かとアツく、そしてキーパーソンのひとりであることは間違いなし!


    最後に吉田羊さんの存在。吉田羊さんが演じるのはDV夫・達郎のお姉さん役。
    この第2話では、ナオミに近づいてきましたね。

     

    ナオミが務めるデパートの顧客に高級マンションへの居住を提案する吉田羊さん。ナオミにプロジェクトに入るように勧めていたので、今後はそれを通じナオミとの距離が近づいていくことになりそうです。

    20160122y_3

     

    達郎は「服部陽子」にとっては弟。殺害された後、この吉田羊さんがじわじわと出てきて、今後キーパーソンとなっていくことはもう間違いないかもです。


    では次回、第3話の展開は?!

     

    まずはこんな感じですかね☆ちょっと詳しく書いてみましょうか。

     

    ナオミがカナコを連れて、達郎とウリふたつの中国人の男・林竜輝と対面。
    そのあまりのウリふたつぶりに驚愕するカナコ。

     

    で、この林さんはパスポートを持たない「不法滞在者」というポジションなので、この林さんを「替え玉」にしようと画策します。


    つまり…

     

    まずは、達郎を殺害する
    その後、達郎のパスポートを林さんに持たせ、海外へ出国させる

    パスポート

     

    もし達郎の死体が見つかれば警察は動くだろうが、見つからない場合はそのまま「失踪事件」として扱うだろうという算段

     

    その計画はさらに緻密らしい…
    で、林さんは報酬200万円でそれを了承することに

     

    この間もカナコの気持ちは揺れ動くんですねぇ。そりゃまぁそうです^^
    が、しかし!またその間に達郎からDVを受けてしまうカナコ。可哀想すぎます(涙)
    で、ようやく決意を固めることに…

     

    どこかの山中にナオミとカナコは「穴」を掘ってましたもんねー^^
    でも、山中に埋めたらバレやすいのでは…?とも思いますが。


    ここで、富司純子さん演じるナオミの顧客でお金持ちの「斎藤順子」さんが再度登場!

     

    順子の家に達郎と一緒に訪れるナオミ。順子はナオミを超信頼している。
    そこで、ナオミは達郎の銀行で口座を作るように勧めます。
    もちろん達郎は新規顧客ゲットに喜びます。

     

    そこに、ナオミの巧妙なワナが仕掛けられていることも知らず。
    またこれが計画への第一歩でもありました。。。

     

    ちなみに、富司純子さん演じる順子さんは「認知症」であることもポイントなのでお忘れなく。


    その後、計画は進み

    林さんに右でサインが書けるように練習をさせるナオミ。
    林さんは左利きという設定になってます^^

    サイン

     

    おそらく

     

    ここが後々のポイントになったりして。ならんかったらスミマセン(笑)

     

    そして、翌週の金曜日にいよいよ計画を実行することに決める…

     

    あとはですね、また今後何かしらの伏線になると思うのですが、吉田羊さん演じる「服部陽子」が仕事面でナオミに接近してきます。そのナオミの対応に陽子はえらくナオミを気に入るようになるとか…


    ワタシ的まとめ&感想

     

    いまだに、「なおみとかなこ」とか「カナコとナオミ」と思っている人が案外多い(笑)

     

    それはさておき、

     

    いよいよ、殺害計画とその日時が決定!これからどんどん面白くなってくることは間違いなしですね!

     

    カナコがナオミに言ったセリフ。

     

    「なぜ私のことなのに、ナオミはそこまで考えてくれるのか?」
    「それは親友だから。親友が困っていたら助けるのは当たり前」

     

    この言葉が妙に頭に残った第2話だったと思います。

     

    「ナオミとカナコ」の今後の展開がますます楽しみですね!!

     

    「ナオミとカナコ」の関連記事はコチラもあります☆

    ナオミとカナコ ドラマ第1話の感想 ネタバレのあらすじとキャストも
    「ナオミとカナコ」広末涼子主演で奥田英朗作品がドラマ化(あらすじアリ)
    佐藤隆太 スニーカーと結婚した嫁・子供など、ドラマやブログも調査!

     

    スポンサーリンク

      コメントは受け付けていません。