ナオミとカナコ 第3話の感想・あらすじ、結末どう?ネタバレあり

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

ドラマ「ナオミとカナコ」の第3話が放送されましたね♪
少しずつ「DV夫殺害計画」が進みはじめてきました(汗)

 

今回は、さっそく第3話の感想を中心に、あらすじ、第4話の展開にもちょこっと書いていこうかと思います^^

 

危険

といいますか、ほとんどワタシ的「独自な感想」かも知れません(笑)

 

あと、録画している方、まとめてみようという方には激しくネタバレですね!ご注意を^^

 

 


さてさて、冒頭のあらすじですが。。。

第3話ではともかく、カナコの夫である「達郎殺害計画」の全貌が見えましたね。 不法滞在者の林さんと喫茶店で会ったナオミとカナコ。 200万円の報酬をもらい、達郎のパスポートで日本を出国することに承諾した林さん^^

ただ、まだこの段階でカナコの気持ちは揺らいでいた、ここがまぁ押さえておきたいですね。 で、ある朝、味噌汁の味が良くないということで、味噌汁をぶっかけられたカナコ。これにより本気で計画を考えるようになっていくことに。。。


で、ココからはワタシが気になったポイントを挙げていきますね^^

 

・林さんのボロアパートで、カナコと林さんいい感じに…ひょっとして?

・死体を埋める場所探しのドライブで、大学時代の回想シーンになったが…

・中国人役・高畑淳子さん今回も絶好調!

・本当にこの穴で大丈夫?バレない?山より海の方が…

・雄大な富士山を見ながら、固まった二人の決意!

 

というところ、気になりましたね。まだまだ細かいところはあるのですが、長くなるのでこれくらいにしときましょう。


ということで、

 

まず、

 

林さんのボロアパートにて、左利きの林さんが右手で「サイン」を書くという特訓をしており、それに付き添っているカナコというくだりで…

サイン

 

殺害計画において、この「サインの練習」は重要なこと。
なので、付き添うのは分かりますが、ふと「よこしま」な妄想を(笑)

 

ひょっとして、

 

夫・達郎にそっくりな林さんとカナコは今後「いい感じ」になってしまうんとちゃう?的な妄想をしてしまったワタシ。

 

だって外見は全く同じ。で、優しくて、希望に満ち溢れているような「中身を持つ」林さんにカナコが「魅かれてしまう」とい展開があってもおかしくはないかも。

 

まぁないか、それ(笑)
これについては、今後の展開を楽しみにしておきましょうね^^


次いで

 

高畑淳子さん演じる・中国人の女社長「李朱美」から車を借りて、殺害後の死体を埋める場所を探すためドライブに出た、ナオミとカナコ。

 

その時、昔の、大学時代の回想シーンになった。。。
やはり、美女二人としても「大学生」というシーンはキツかったのでしょう、全体がボカされてましたね(笑)

 

広末涼子さんも内田有紀さんもとってもおキレイ。
ではありますが、やはり大学時代という設定で撮影するのは結構キツイものがあったのでは…

 

あ、勘違いしないでください。二人のキレイさに毎回やられているワタシ…

広末涼子Perfect Collection

愛のバカ

※画像はAmazonより

 

なので「ディスってる」んではない(笑)

 

まぁともかく、そんなことをこの時は考えてましたね^^

 

あと、李社長の車を借りた、このことが後々のボディブローのように効いてくるかも、というのがワタシの予想。


で、今回もインパクト大でした高畑淳子さん!素晴らしい^^

 

今回は、ナオミと話していて「何か秘密がある」ってことに気づいたみたいな李朱美でしたね(汗)これは達郎の殺害後、ホントに重要なキーパーソンになっていきそうなニオイが。。。


また、ようやく

 

殺害後の死体を埋める場所を見つけた「ナオミとカナコ」。
穴を掘り始めますが、そこでふと思ったワタシ。

スコップ

 

「これって簡単にバレるんちゃうか…」と。

 

例えば、穴の回りは木々に囲まれた場所で死角になるとか、あるいは車では来ることが出来ない場所にするとか。

 

どう見ても見通しの良い場所なので、おそらくたまに人も来る。
その時に、何かその部分だけ不自然になっているその場所を見たらきっと怪しい…

スポンサーリンク

 

車でその場所まで来られるということは、別の誰かも車で来ることが出来るということ…
また、車の目撃者もいるかも知れない…

 

あと、穴を掘ったのは金曜日。殺害実行日までの間、その掘った穴はどうしておくの?
そのままにしてたら、誰かが見つけた時は超アヤシイ(笑)

 

細かすぎますか?ワタシ^^

 

山に埋めるより、海の方が良かったんとちゃうの、と思うワタシ。


そして、第3話の終了間際、穴を掘り終えたナオミとカナコは、雄大な富士山を見つめながら語り合うというシーンがありましたね。

富士山

 

そこで、ホントは自分の気に入った髪型にしたり、
働いたりといろいろな事がしたい!と話すカナコ。

 

今まで夫・達郎にいろいろと制限されていたので。。。
そして、ついにカナコは本気モードになりましたね!

 

このシーンは何だかよかった^^
で、最後ですね問題は。


高畑淳子さん演じる「李社長」の事務所や、チャイナタウン一帯で、不法滞在を取り締まる捜査の手が及ぶことに。また、中華料理店で働く林さんがごみを捨てていると、警察が二人現れて…

 

イヤン、林さんが捕まったらナオミとカナコの計画はオジャンやんかいさ~
来週が超気になるんですが…


ということで、

次週「第4話」の展開、あらすじについてまとめてみましょう!

 

いよいよ、夫・達郎の殺害日を決めるナオミとカナコ。
ついに計画実行ですね…

 

まずは、殺害方法は「ロープ」を選択。
「血は見たくないよねぇ」と予告で広末さんが言ってましたね(笑)

ロープ

 

ただ、リハーサルをしていく二人に色々な問題が立ちはだかります。

 

例えば、
死体を部屋から出し、エレベーターに乗せて駐車場まで行くという流れ。
その時にエレベーターの中に「防犯カメラ」があるので、どうしてもそこに映ってしまう。

 

そこはどうやってクリアするのか。

 

また、ゴルフケースの中に死体を入れて運ぶようですが、何せ70キロほどの重さがある。70キロの重さがあり、しかも180センチほどの長さがあるケースを女性二人が運ぶのはホント大変なこと。

 

まして、運んでいる最中に防犯カメラに映ったり、あるいは他の住人に目撃される可能性は高い。この点はどうしてのいくのか、ここも見どころですね。

防犯カメラ


あと、チャイナタウンに一斉捜査が入り、不法滞在の中国人たちが連行されます。果たして林さんは?もし捕まれば計画はオジャンに。

 

ただ、行方の分からない林さんをカナコが見つけてホテルにかくまうらしく。。。
ちょっとドキドキ(笑)


あとは、お金持ちの斎藤順子(富司純子さん)のところに、ナオミは達郎と共に訪れる。

 

今回は、順子のパソコンをナオミが操作して、カナコの口座に1千万円を振り込むという工作を実行。これは、捜査が及んだ際、達郎が工作したと思わせるための重要なこと。

 

これいはナオミの手が震えることに…

 

あとは、計画実行の日に、達郎の姉・陽子(吉田羊)と京都出張に行かなければならなくなったナオミ。せっかく全ての準備が整ったのに、ホンマいらんことをしますね(笑)

京都タワー

 

で、ナオミはダッシュしてましたね、駅のようなところを…
まぁ、このシーンも後々のポイントになりそう…

 

そんなワケで、いよいよ「いろいろなこと」が動きだしてきますね~


ワタシ的まとめ&感想

 

第4話の予告の最後で、佐藤隆太さん演じる・達郎が

 

「殺されるかも知れない…」

携帯

 

と携帯で話すシーンがありますが、あれは誰と話しているのか?
ワタシはたぶん姉・陽子だと思うのですが。。。

 

これも大きなポイントとして後々に効いてきそうです^^

 

これは大変盛り上がってきましたね!

 

あと、これまでナオミが主導してきたこの計画。
次第にカナコがやる気を見せてくるようです。

 

その変化も見どころ。

 

もう来週が待ち遠しくて仕方ないのですが、ここはしっかりと体調を整えて木曜日を迎えましょう(笑)

 

あとですね、この段階でもう「結末がどうなるのか?」これが気になるんですね…

原作を読んでしまえば、もう結末は分かってしまうのですが、ワタシはあえて原作は読まないようにするスタンスをとっています。結末が分かってしまえば、こんなにアツくこのドラマの感想が書けない!ような気がするからです。。。

 

あなたはいかがでしょうか?^^
本日はこんなところです。

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。