ナオミとカナコ 大ピンチの7話感想と8話あらすじも ネタバレ注意!

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

ドラマ「ナオミとカナコ」の7話が放送されましたね。少しずつじわじわとピンチを迎えるナオミとカナコを見ているともうドキドキ…(汗)

フジテレビ系ドラマ「ナオミとカナコ」オリジナルサウンドトラック

画像はAmazonより

 

ドラマの中で「早く普通の生活が。。。」と二人は希望していましたが、まぁそれは犯行に及んだ時点で土台ムリな話なんですけどね^^

 

ただ、いつの間にか

「何とか犯行がバレないようにこのまま」
「何とか上手い具合に事が進み二人が逃れられるように」

 

というキモチで感情移入している自分に気づきます^^

 

という気持ちを持ちつつ、今回も「第7話」感想、そして来週の「第8話」あらすじについても触れておきたいと思います。毎度のことながら読み進めていくと「ネタバレ」しますのでご注意ください(笑)

危険


まず、今回の「7話」のポイントはこんな感じ

 

・防犯カメラの映像はプライバシー上見せてもらえないはずなのに…

・ATMの「外の映像」を撮られてしまっていた!ということは…

・達郎の姉・陽子はついに探偵事務所まで?!

・李社長と姉・陽子がついに「ご対面」&今週の李社長

・林さん、やっぱり帰ってきたやん…

 

というところです。ともかく挙げるのはこのくらいにしておきましょう。この他は、カナコが達郎の子どもをおそらく妊娠しているくだりもありますが、これは後々のポイントになってきそうですね。


ではまず

 

防犯カメラの開示を請求する姉・陽子について

 

マンションの管理人さんに「プライバシー」の関係上見せることが出来ないと断られる陽子。

 

「いやーぃ、バーカバーカ^^」って感じだったワタシ(笑)
もうこの時点ですっかり「吉田羊」さんのことが嫌いになっている自分に気づいたワタシ(汗)

アカンベー

 

それでも、姉・陽子はあきらめないんですね…
このあたりのしつこさが苦手です(笑)


そして、ナオミもピンチに。

 

姉・陽子は達郎の銀行の同僚で近藤公園さん演じる「山本」に依頼して、ATMの外に設置してあるカメラの映像を見せてくれと依頼するんですね。

防犯カメラ

 

ちょっと振り返ってみると

 

確か、達郎に扮した中国人「林さん」がATMでお金を引き落とした後、ナオミとATMの外で合流しましたね!

 

あの時ワタシ
「これってカメラに映ってるんとちゃうのん?」
と思っていたんですね…

 

それが現実になり、そこを突かれてしいました!

 

これにより、達郎らしき人物とナオミがこれで繋がっていることになってしまいます。。。姉の陽子からすれば、ナオミが弟・達郎の愛人だと勘違いしてしまいますね。もちろん激怒してました(汗)


ちょっと、前後しますが

 

姉の陽子は、ついに「探偵事務所」へこの件を依頼します。
ただ、探偵役の前川泰之さんに「女性関係では?」と言われた陽子。

 

そして、警察官立ち合いの元、ついにマンションの防犯カメラの映像を見ることになります。それも管理人さんには妻のカナコの同意を得ているとウソもついて…

 

カナコはその事実を聞いて、その場に倒れ込み狼狽しますが、ともかくそれ以上の録画映像は姉たちに見せないようにとお願いします。

 

うーーん、これはもうかなりヤバすぎる展開ですねぇ…


で、ついに「李社長」の存在を姉・陽子に知られてしまいます。

 

李社長の会社では既にカナコも働いているので、もう結構ややこしい話になってきている(笑)で、ここで「李社長」は一体どんな対応をするのか?ここが見どころなのですが…

 

達郎の写真を見せる陽子。

 

李社長はそれを「林さん」だともちろん思います。
そして、正直に答えてしまいます。

 

「上海に帰ったのことあるよ」みたいに(笑)
そこで、李社長が陽子に「何も知らない」と言ってくれればそれが一番良かったのですが…

 

弟の達郎はお金を横領して上海に逃げたとされているので、これで何となくストーリーが見えてくるワケですね、陽子からすれば。。。

上海

 

まぁともかく、案外普通の対応をした李社長に結構拍子抜けしたワタシでした(笑)ひょっとして、何か別の思惑があっての対応ならば良いのですが…

スポンサーリンク

で、中国へ帰っていったはずの林さん。
やはりワタシのヨミ通り日本に帰ってきました!

 

帰宅してきたカナコ。マンションの前で待っている男にビックリポン!
何とそれは「林さん」。

 

アカン、アカンやんか~(怒)
ニヤッと笑う林さんに何かイラつくものがありました^^

 

で、帰ってきた理由はやはりカナコに会いたかったから、と…
これで、話がさらにややこしくなってきた感があります。

 

ただ、達郎と姉・陽子の母親に電話を頻繁にかけてきたのが「林さん」なのか、また李社長の会社の前で陽子は「達郎らしき人物」を見つけて追いかけていきますが、それが果たして「林さん」なのか、

電話

 

その辺りはまだよく分かりませんが…

 

まぁ達郎は殺害されているので、林さんしかいないと考えるのが妥当ではありますが。ワタシ的には何か、李社長が絡んで色々と絡んでいそうな気がしてなりません、今のところ(笑)


で、もう早くも来週の第8話が楽しみなので、ここで

8話の「あらすじ」も見ておきましょう^^

 

ナオミとカナコ・第8話のあらすじはこうなる?!

 

今回の7話で、なぜかビルの屋上にて陽子に問い詰められていたナオミ(笑)
今回は陽子からこんな筋書き&問い詰めを受けます^^

ナオミは達郎の愛人

おそらく、銀行は事件が明るみに出ることを恐れるので「もみ消す」

そのタイミングを待ち、達郎を日本へ帰国させる

そして、海外へ達郎とともに逃亡する

 

こんなストーリーですね。
全然ちゃいます(笑)そもそも達郎はもういない…

 

ただ、ATMの外で林さんと一緒に映ってしまった映像が出てしまったのがもう致命的なのでこう思われても仕方がない。。。

 

で、陽子に
「達郎を連れてこいや~」と迫られます。

 

狼狽するナオミ。

 

しかしナオミの前に何とあの人が割って入ってきます!

 

それは…
「李社長!」
いやん、カッコイイやんかいさ~(汗)

衝撃!


一方、第7話のラストでカナコをマンションの前で待っていた「林さん」。

 

「どうしても会いたかった」と林さん(汗)
仕方ないので、カナコは林さんを一目につかない場所へ移動させます。

 

ただ、そこでストレートな告白を受けるんですね!

 

林さんは、服部達郎名義のパスポートではなく、「林竜輝」名義のパスポートを見せて今度自分が中国に戻る時は「ワタシと一緒に来て欲しい」と。

パスポート

 

それにカナコの心は揺れ動くそうです…


そして、ナオミとカナコはカナコのマンションで会います。
ナオミは陽子が誤解をふたつしていることを告げます。

 

それは

 

・ナオミと達郎は不倫関係にあり、ナオミが達郎をそそのかして横領事件を起こした

 

もうひとつは

 

・李社長の会社の前で見た、林さんを達郎だと思い込んでいるこのふたつ、もう達郎はこの世にいないので、どっちにしても確実に間違いということになります。

 

ということは、姉の陽子に林さんの存在が分かってしまえば
「すべてが終わってしまうかも知れない…」

GAME OVER

 

やはり、林さんが日本にいるのが一番マズイですね。
それにナオミは当然焦ります。

 

その時、カナコが「林さんが中国へ帰らないと言ったら?」と聞きます。
それに対するナオミの答えは

 

「いなくなってもらうしかない」と。

 

ちょっと話がややこしくなってきたのですが、もう来週が気になって仕方ないですね^^


ワタシ的感想&まとめ

 

ワタシが思ったのは、林さんに達郎に完全になり切ってもらうのは?ということ。たどたどしい日本語は、何らかの一時的な障害によるものだと。。。

 

ダメですね…
ムリがありますね…

 

DNA鑑定したらバレます。それやと。あと、どっちにしても、ATMでナオミと林さんが写っている画像がある以上はナオミはピンチでもうどうしようもない。

 

何とか抜け道はないものか??

 

うぅーーん。。。
今のところはないですね!(笑)

イライラ

 

これ、ホント結末はどうなるんでしょうか?????

 

早く知りたくはありますが、広末涼子さんと内田有紀さんがピンチになるのがツライワタシなので、何だかとても複雑な気分ではあります(笑)

 

まぁまた来週ですね!
長くなりましたので、今回はこれくらいにしておきましょう^^

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。