プリズン・ブレイクと登場人物「マイケルとサラ」の今は?

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

ワタシが「Hulu」でドハマリしたドラマはたくさんありますが、その中でもこの「プリズン・ブレイク」はかなりのインパクトがあったドラマとして今も記憶が鮮明です。

日本で放送が終了したのが2009年。なのでもうかなり年月が経ちましたが、いまだにネットでもプリズンブレイクの諸々を検索している方も多いようです。

そこで、今回はこのドラマについてまとめてみました^^いつものように、完全にワタシ目線から見た内容です(独断と偏見アリ)

まずは簡単なあらすじ(ネタバレしますよ)

ここで「プリズン・ブレイク」を見ていない人に向けてものすごーーく簡単なあらすじを書いていきますね(つまりネタバレ)。このドラマはシーズン1からシーズン4、そしてファイナルブレイクで構成されています。

シーズン1はタイトルにプリズンとある通り、場面はずっと刑務所です。そこで主人公が囚人数人と共に脱獄を計画します。 この主人公についてはこの後紹介していきます。

この主人公のマイケルがですね、天才的な頭脳と建築技師の知識を駆使して、途中で色々な妨害などの障害を乗り越えて、最後にはホントに脱獄してしまいます。その過程がハラハラで痛快でもあります。それがシーズン1。

シーズン2からシーズン4までは脱獄後の彼らの行動を中心に展開されます。途中のシーズン3でまた主人公マイケルは一度刑務所に入りますが、また脱獄を試みたりします。

ファイナルブレイクはプリズンブレイクの続編と考えても良いかと。シーズン4のラストは4年経過した後のシーンで終わるのですが、その空白の4年間にあった出来事が描かれています。

どうですか??あまりにもざっくりすぎるでしょ(笑)でもこれから登場人物についていきつつ、このざっくりなワタシのあらすじに肉付けをしていきたいと思います。

プリズンブレイクの主な登場人物について

このドラマの登場人物は結構キーとなる人物が多いかも知れません。今回はまずその中でも絶対に欠かすことが出来ない主人公マイケルについてです。

マイケル・スコフィールド

ご覧の通り、男のワタシが見てもオトコマエ^^

この人は天才的な知能を持ち合わせている元建築技師なんです。で、タトゥーが全身に入っていますが、別にカッコをつけたいとかオシャレとかではなく、実はこのタトゥーには刑務所の設計図が書き込んであるところ、これがポイントのひとつにもなります。

ちなみに、このマイケルはワザと銀行強盗をして捕まり刑務所に入れられます。で、先ほどのタトゥーに彫られた刑務所の設計図はこのマイケルが収監された刑務所のものなんです。このマイケルの頭の良さにはホント惚れ惚れ。

さてそのマイケルを演じているのが、ウェントワース・ミラー

1972年生まれなので、現在なら40を少し過ぎたあたりでしょうか。ちなみに出身はイギリスです。で、なぜかドラマ中はマイケルの身長がそう大きく見えないんですね。これって不思議??。

でも実際は187センチほどあるので結構背が高い。たぶん周りのキャストがさらに大きいからそう見える?ちなみにですが、この方は2013年に「同性愛者」であることも告白している。。

このウェントワース・ミラーって現在は何をしている?

プリズンブレイクのマイケルは他にどんな作品に出ている?実はこれが気になってる人も多いはず。

それについて「安心してください、ちゃんと俳優しています」(芸人「とにかく明るい安村」風に^^)

そして、他の作品で観た人が多いとの思うのが、そうあの映画「バイオハザード」です。バイオハザードのIV(アフターライフ)とⅤ(リトリビューション)にクリス・レッドフィールド役で出演しています。

Ⅳのアフターライフでは、これまた刑務所の中にあるオリの中で監禁されている設定。(よほどマイケルは刑務所に縁がある(笑)
刑務所
で、ミラ・ジョヴォヴィッチたちにオリから出してもらい、共にアンデットから逃れていくという役どころでした。ちなみに、このクリスはバイオハザードの人気キャラ、クレアのお兄さんという設定。

ちなみにクレア、好きです^^(余談でスミマセン)

最初はマイケル(ウェントワース・ミラー)がバイオハザードに出演していることなど知らず途中から

「あ、あれ、これって誰やったっけ?」

「うーーん。。。どっかで見たこと…」

「あ!!マイケルやんか!!!」

という状態になりました(笑)でも、結構ワタシみたいに途中で気付く人は多いかもですね!

スポンサーリンク

ちなみにですが。。。プリズンブレイクの時同様にバイオハザード出演時オトコマエには変わりありませんが、少し太った感がありました。そして、それから数年経った今、さらに太って、ただの中年のオッサンになっているという噂もあります^^これはプリズンブレイクを見てファンになった人にはショッキングなネタかも知れませんね。

少し主人公マイケルについて長くなりましたので、次にいきます!

プリズンブレイクでマイケル同様に外せないのがこの方

マイケルのパートナーとなる「サラ・タンクレディ」。役どころは、マイケルが収監されている「フォックスリバー刑務所」に勤務する女医。マイケルを診察する機会があり、やがて惹かれあっていきます。以降ふたりの絆は固いですね。

まぁ何と言っても、結局このドラマは最初は刑務所が舞台なので「おっさん祭り」になってしまう。その中で唯一の花がこのサラ・タンクレディなんですね。オッサンばかりということもあり、普通でもかわいい人なんですがさらに美しさが倍増します。

このサラ・タンクレディ役はサラ・ウェイン・キャリーズというアメリカの女優さん。

1977年6月1日にアメリカ・イリノイ州に生まれる。ドラマを観ていると身長の高さを感じますが、やはり175センチあるキレイなスタイルです。

そうなんですが、実は。。。

サラ・ウェイン・キャリーズはプリズンブレイクのシーズン3で一度ドラマを降板するんです!これ結構驚き。

理由は妊娠にありますが、他にも家族との時間が取れなくなったという理由もあります。アメリカの人はこれって結構ありますよね。プロ野球の助っ人外国人もこの理由で帰国する選手も過去にいました(驚)
妊娠

さておき、でもシーズン4で復帰をします。シーズン3の途中からサラ・タンクレディは出てこなくなるのですが、そこはストーリをサラ・タンクレディが出てこなくても違和感がないように修正されたとか。現にワタシも当時全然それに気がつかなかった!

でも、シーズン4で「サラ、少し老けたかいな…??」という感想も実は持っていた^^

あとはですね、このサラ・タンクレディ役の「サラ・ウェイン・キャリーズ」と言えば実はあの作品に出演しているんですね!

そう、それは「ウォーキング・デッド」です。つまりワタシの大好きなドラマです。役どころは主人公リックの妻ローリ。ローリはシーズン3で死んでしまいますが、リックとの間に「ジュディス」という女の子を出産します。その前にカールという子供もいる設定ですね。

ウォーキング・デッドのローリ役はドラマの中でもかなり大きな役どころでもありポイントです。他の作品の出演としてはこれが一番かも知れないですね。

ただ、プリズン・ブレイクのサラ・タンクレディを見たあとに、ウォーキングデッドのローリを見ると「ちょっとお年を召した」ということが分かります^^そう思ってるファンも結構いるかも、です。

まぁでもウォーキングデッドはウォーカーというゾンビや悪い人間から戦うという役なので、ちょっと服もボロボロで疲れているという設定ではありますが(一応フォロー)ちなみに、サラ・ウェイン・キャリーズはゾンビ物が苦手なのでウォーキングデッドの撮影はマジ怖かったやろうな。。。と(笑)
ゾンビ

この他にもプリズンブレイクには主要なキャスト(登場人物)がたくさんいます。

それらを全てアツく書きたいところですが、それだとこの記事が終わらなくなるので、今回の登場人物紹介はここまでにしますが、ただひとつ。主人公マイケルのお兄さん:リンカーン・バローズはかなり重要なので役どころのみちょっとだけ。

このリンカーンはカンパニー(そういう組織)にはめられて、副大統領暗殺の罪で収監されます。この兄を助けて逃がそうとするために主人公マイケルも同じ刑務所に入ることになります。この役者さんについてはまた次回に書いていきますね。ただこのリンカーン役なしではプリズンブレイクは語れないので、少し書いておきました^^

まとめ&感想

ワタシ的にはこのプリズンブレイクで一番大好きなところはシーズン1、フォックスリバー刑務所でマイケルが収監されてから脱獄するまで。これが正直なところ一番おもしろかったと思う。

あとのシーズンはどちらかと言えば、マイケル以外のキャラが活躍していくのでそれもまぁ面白いですが、やはりシーズン1かな。天才的な頭脳を駆使して、用意周到な準備と計画を粛々と実行していくところ、あと刑務所での囚人たちのエゲツない描写なども実は結構楽しいところ。

ホントに一気に観てしまいました。もちろんワタシの場合は全て一気に見れる「Hulu」ですね^^あとは、唯一の花であるサラ・タンクレディも美しいし可愛いなぁと。

ウォーキングデッドの時はちょっと痩せすぎてアルフィーの「高見沢」さん見えなくもないけど(笑)

もう少し記憶が薄れたら、もう一度今度は妻と一緒にまたプリズン・ブレイクを見直そうと思うくらいオススメのドラマですね。

【注意事項】

紹介している作品は、2015年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す