ラグビーワールドカップ2019へ!開催地や日程をリサーチ

この記事は約 4 分で読むことができ ます。

    ラグビーワールドカップ20152015年のラグビーワールドカップ日本代表は1次リーグでアメリカを圧倒し最終戦を終えた。1次リーグで大会前の目標である3勝を挙げたのに決勝トーナメントに進めなかった日本代表。これはワールドカップ史上で初のことらしい。メチャ悔しいですが、もうすでに2019年日本で開催されるラグビーワールドカップ2019へと動き出しています。

    最終戦のアメリカ戦に負けての締めくくるのと目標だった3勝目をマークして次回大会に望むのでは全然違いますね。最終戦に勝利することで弾みがついたと思います!

    次回2019年へ向けてのスタートへ

    最終のアメリカ戦のインタビューで、五郎丸選手はベスト8に進めなかった悔しさで涙を見せていました。一方キャプテンのリーチマイケル主将も同じで悔しいけれど、もう次回2019年を目指して努力するとコメント。

    20151012y_3

    観戦していたワタシたちも同じく悔しい思いですが、見事3勝して終えたことは本当にすごいなぁと思います。

    ラグビーワールドカップ2015の結果

    対 南アフリカ    32-34
    対 スコットランド  45-10
    対 サモア       5 –26
    対 アメリカ     18-28

    戦績:3勝1敗 1次リーグ敗退

    決勝トーナメントへは南アフリカ(勝点16)
    スコットランド(勝点14)が進出
    日本は勝点12でスコットランドに届かず
    3勝を挙げて決勝へ進めないのはW杯史上日本が初

    だって、このリーグを1位突破した南アフリカは日本が唯一負けたスコットランドに勝っているのですが、日本には負けている

    なので日本は「最強の敗者」とも言えます。
    だから胸を張って帰国してください^^

    繰り返し、すごく悔しいですがこれからはもう2019年に向けて気持ちを切り替えていきたいですね!

    2019年日本大会の開催地・スケジュール

    今の段階で予定されている開催スケジュールによると、開幕は2019年9月6日で決勝は10月20日という日程で予定されております。

    開催都市、競技場としては

    調布市 東京スタジアム

    横浜市 横浜国際総合競技場

    袋井市 小笠山総合運動公園エコパスタジアム

    東大阪市 東大阪市花園ラグビー場

    福岡市 東平尾公園博多の森球技場

    札幌市 札幌ドーム

    豊田市 豊田スタジアム

    大分市 大分スポーツ公園総合競技場

    熊本市 熊本県民総合運動公園陸上競技場

    神戸市 神戸市御崎公園競技場

    熊谷市 熊谷ラグビー場

    釜石市 釜石鵜住居復興スタジアム

    スポンサーリンク

    札幌ドーム

    ※画像は札幌ドーム

    開催年は北海道から九州まで幅広く日本中で開催されるようになってますね。
    四国・中国地区で開催都市がないのは少し残念ではありますが。

    さらに残念だったのが、開幕戦を新国立競技場での開催できないことですね!
    新国立競技場建設をめぐってのすったもんだあった、そのあおりをラグビーが受けたことになりました。

    あの当時、2015年大会が開催される前、運営側の誰もがマイナー競技として取り上げていたニオイを感じました^^ただ今回のように世界レベルで日本でもラグビーが盛り上がり注目されてくると新国立競技場の完成を間に合わせたかったと思いはじめているかも知れません!

    2019年ラグビーワールドカップのチケットについて

    今のような注目度ならば入手はなかなか困難かもですね。
    日本人だけでなく、世界中から観戦にくる外国人もいますので。

    20151012y_2

    今はまだ4年後なので具体的なチケットの販売方法などはまだ未発表の段階ですが随時詳細はリサーチしてチェックしていきます!

    ちなみにですが、前回大会の2011年はチケットの総販売数が136万枚。放送された国・地域は207ヵ国。視聴者数は39億人ととんでもなく大きい大会です。全部はムリとしても日本のどの試合かのチケット、何とか手に入れたいですね!!


    まとめ&感想

    日本が南アフリカ、サモア、アメリカに勝ちリーグ3勝を挙げました。それにより試合ごとに注目度が高まり、試合後にはニュースやワイドショーなどでも頻繁に取り上げられていました。

    中には攻守の切り替えが多くあり、比較的点数も取れる点はサッカーよりも面白いと感じている人も少なくないようですね。

    20151012y_hitokoto     

    五郎丸歩選手やキャプテンのリーチ・マイケル選手、また次の世代を担う松島幸太郎選手や現在早稲田大学の藤田選手など若い世代も個々に注目されています。

    まぁ、毎回そうですがサッカーや野球の大会が盛り上がると、それに便乗した
    「その時だけファン」「にわかファン」なるものも登場してきますが

    その方々を含めて、この注目ぶりを維持したまま2019年まで到達して欲しいと思います!

    日本代表が帰国する今年、来年くらいまでは高校・大学ラグビー、また代表選手が所属するトップリーグなどは注目が集まると思います。ただだんだんと熱は冷めてくるとも思うので

    いかにその冷めていく度合いを少なくしていくか、これがポイントかなと^^
    そのためには選手のみなさんにも面白く、盛り上がる試合をして欲しいと思いますね!

    スポンサーリンク

      コメントを残す