上田城が大人気!上田城跡公園の桜、そして真田一族の上田城の戦い

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

上田城
ワタシが今もっとも行ってみたい場所があります。それは長野県上田市あるお城「上田城」です。

 

この上田城ですが、2016年の大河ドラマ「真田丸」により、これまでよりさらに注目を浴びることでしょう^^

 

そして、この上田城ですが、

 

「お城ファンが選んだ好きな城ベスト10」というランキングで堂々の第1位に輝いたことのあるお城であります。

 

ちなみに、第2位は姫路城。なので、上田城は国宝で「世界遺産」でもあるお城にも勝っています(驚)あと、第3位は大阪城。豊臣秀吉にも勝ってしまいましたよ(笑)

 

というわけで、今回は今後より一層注目を浴びるであろう観光スポット「上田城」について色々と深堀りしていきましょう!


まずは

 

「上田城」の基本データから

上田城上田城(うえだじょう)

所在地:長野県上田市二の丸

築城主は真田昌幸と言われている
築城年:1583年(天正11年)

真田氏の他、仙石氏、松平氏が主な歴代城主
となる

南櫓、北櫓、西櫓が長野県の「長野県宝」に
指定

1784年(明治7年)に政府により廃城とされる
日本100名城(27番)に選定された

 

 ここも注目ポイント! 

 

天守上田城にはいわゆる「天守」があったのか?これが論争になっていたりもします。

 

山鹿素行による「武家事紀」では「天守も無き小城」と記述されている。

 

ただ、上田城に天守があったことを明言できる資料が存在しないことから、「なかったのでは?」という考え方。

 

一方で、

 

築城主である「真田昌幸」の嫡男である真田信幸の居城には天守がある点。
また近隣の諸城である松本城や小諸城などにも天守がある点などから

 

天守は存在した!という考え方もある。

 

今後、何らかの資料等が発見され真相が分かればうれしいですが、このあたりに「思いをはせる」のも歴史ファンにすれば楽しいことなのかも知れないですね^^

 

ちなみに、

 

現在の上田城ですが、旧二の丸内が「上田城跡公園」という名前の公園になっています。よく上田城址公園と思われている方があるようですが「城址」ではなく「城跡」でございます^^

 

また、この公園は「桜」の見どころスポットでもある。
お花見のシーズンになれば、上田市民の方や多くの観光客でにぎわうことで有名。
桜


そして、上田城と言えばやはり

「上田城の戦い」になるでしょうか

ワタシ個人的には、上田城=上田城の戦い、これがまず頭に浮かびます。NHKの大河ドラマでも、前半においての「ヤマ場」であると考えます。

合戦

 

ご存じない方もいるかもなので、まぁ簡単にまとめますと

 

あの「徳川家」に真田一族が勝った!
というところでしょう。

 

しかも2連勝です(笑)

 

しかも、その時の徳川軍は大群。一方の真田軍は少数ですね。日本人ならば、少数がアイディアと工夫をこらして、大群に打ち勝つ、というストーリーはお好きなハズ。

 

この上田城の戦いはまさにそれにあたります。

 

ワタシ、このあたりは池波正太郎作の「真田太平記」を読んで、学び、そして「しびれた」という経験があります。

 

これを読みつつ、「真田丸」を観る。これでさらに楽しくなると思いますね。


 

ワタシのことはさておき、上田城の戦いですね。

スポンサーリンク

 

そもそも上田城は、武田家の旧臣であった「真田昌幸」が1583年に築城した平城と言われています。

 

その真田昌幸は、武田家滅亡の後、織田信長に恭順します。
この辺りは大河ドラマ「真田丸」でも描かれたところ。

 

織田信長
ただ、「本能寺の変」で信長が討たれた後、すぐさま昌幸は「世の流れが変わる」ことを見据えて、上田城を本拠地とした築城に着手していきます。智将・真田昌幸が築城する城、これだけでもうワクワクものですね(笑)

 

そして、むかえた「第1次上田合戦」。

 

真田家は「上田城」にて徳川軍の7000人の攻撃を受けます。
この時の真田軍は2000人あまりだったと言われています(汗)

 

その差3倍以上です。。。

 

しかし、ここでも上田の地形をうまく利用したり、周到な仕掛けや用意したり、奇をてらった攻撃を仕掛けたりと、さまざまな戦法でこれを撃退してしまいます!

柵

 

カッコよく、痛快な話ですねホント(笑)
これにより「真田家」は独立した「大名」として天下に名前が知れわたることに。

 

あ、ちなみにこの戦いは1585年のこと。
上田城の築城は1583年と言われているので、まさに完成ホヤホヤ?


 

ただ…
徳川家康もそれでは黙っていられませんよね?

 

しばらくして「第2次上田合戦」がありました。
それは1600年のこと。この年の10月が関ケ原の戦いですね。

 

この時、徳川家康が上杉家を征伐するため征伐軍を編成しますが、その中にいた真田昌幸はそれを離脱。石田三成の西軍に与することを決断します。

真田幸村

 

ただ、兵力は相変わらず2000人ほど。
その状態でこの「上田城」に籠城します。

 

そこに

 

家康の息子・徳川秀忠が東軍の3万8000人を率いて上田城に殺到してきます。

 

この時、徳川秀忠の頭の中には「楽勝やーーん」という気持ちがあったかも知れないですね(笑)なんせ、3万8000人対2000人なんですから(汗)

 

ちょちょいのちょーいで真田家と上田城を潰してやろう、と思っていたに違いない!

 

で・す・が

 

徳川秀忠は見事に「撃退」されてしまいます!
これにはホンマ胸がすーーっとしますわ(笑)

 

これによって、秀忠はこの上田城の戦いが長引いたため「関ケ原の合戦」という超重要な戦いに間に合わなくなりました。その数3万8000人の兵力が遅刻したのです。その上、上田城の戦いにて兵力は相当に損耗したので、関ケ原における東軍の戦力ダウンは相当なものがあった、はず(汗)

 

ということもあり、秀忠はお父ちゃん家康にメチャメチャ怒られたそうです!!

徳川家康

というのが、この上田城の戦いなんです。

 

どうですか?ご存知ない方はさっそく読んでみたくなりません?コレ(笑)
この戦いが痛快なまでに詳細に書いてあります。おもしろいですよ。

 

ちなみに、この上田城ですが、
真田昌幸・源次郎信繁(幸村)は西軍に属していた為、敗北したことになります。

 

当然、徳川家としては真田の上田城をそのままにしておくはずがありません。そこには屈辱の裏には「恐怖の思い」もあったと想像できますね。

 

壊されてしまいます。それも徹底的に。
お堀も埋められてしまい…


ワタシ的まとめ&感想

 

上田城についてのワタシのアツい思いはいかがでしたか?(笑)
行ってみたくなりませんか?

 

おそらく、2016年の大河ドラマ「真田丸」以降は長野県上田市、
そして上田城はさらに盛り上がること間違いなし!ですね。

 

しかし、真田家は後に「大阪冬・夏の陣」でも徳川家打撃を与えた存在。関ケ原で負けた怒りもあったのに、どうして兄・信幸は許され、所領を安堵されたのか?

 

この点が「ホント不思議なんですね~」
通常ならば、一族郎党まで簡単に処分されてしまうような時代なのに…

 

この辺りが真田一族のお話の中でも面白い部分のひとつかも知れません。
機会があればその点についても書いていければと…

 

ということで、今回は終わりです^^

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。