ウォーキングデッド シーズン6・5話 マギーとあらすじ、レビューも

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

kako-6ETPVQUlcRL56CY8
「Hulu」にて、ウォーキングデッド シーズン6の「5話:波打つ不安」の配信がありましたので、早速いつものごとく視聴しました^^

 

ホント毎週金曜日が待ち遠しい!
そして、その後にこのサイトで感想を書くことも「楽しみ」ですね。

 

ということで、今回は「毎週恒例」のウォーキングデッド・シーズン6・5話のレビューとあらすじ、次回の予想を中心に書いていきたいと思います!もちろん、まだ観ていない人には激しくネタバレしますのでご注意を。


まぁ、今回の全体的な感想としては

 

「特に進展というものはあまりなかった」
というところです。

 

このシーズン6の「大きなポイント」のひとつに、やはり「グレンの死」が挙げられますね。

 

シーズン6・「3話:逃げ場のない道」にて起こった衝撃の出来事

 

「グレンがウォーカーの群れの中に落ちてしもうた事件」ですが、これは現段階でも「死亡説」と「生存説」の両方がファンの中に存在しているみたいです^^

 

で、今回の5話でも「グレンがその後どうなったのか?」については触れることはなかった。。。

 

ただ、グレンがアレクサンドリアにいつまでたっても戻ってこないので、ついにあのお方が動き出します。

 

それは

 

マギー・グリーン

マギー・グリーン

出典:http://tv.foxjapan.com/

 

そう、グレンの妻です^^
ちなみに、あのかわいい「ベス」のお姉ちゃんでもありますね。

 

マギーを中心にした今回の5話のあらすじ

 

グレンがアレクサンドリアに帰る時には「合図をする」と行って出掛けていったのに一向にその合図がない!

 

それで、マギーがグレンを探しにいくことになります。

 

武器庫で武装のして、外の世界に出ようとするマギーがとっても頼もしいところ。
この時点で5話のMVP候補です(ワタシが勝手に創設)

 

グレンは

殺されたか
襲われたか
連れていかれたか

 

このどちらかしかない。
いずれにしても「自分で確認したい」とマギーは言っています。

そして!!!

 

この時、マギーのお腹の中に「グレンとの子供」がいることが発覚!!!

 

ということで、あらすじの途中ではありますが

今回のキャスト紹介にいきたいと思います^^

 

今回のキャストは「マギー・グリーン」について、です。

マギー・グリーンを演じるのはローレン・コーハン
ローレン・コーハン

出典:http://tv.foxjapan.com/

1982年1月7日生まれ
アメリカ合衆国のペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれる
ちなみに10代の頃にイギリスにも住んでいたらしい

2005年の映画「カサノバ」で長編の映画デビューを果たす
テレビでは「『スーパーナチュラル」や「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などに出演

その他、ドラマにも多数出演がありますが、いずれも第○○話○○役といった感じで ゲスト出演的な作品が多い。 なので、ウォーキングデッドのマギー役としての出演が彼女の中でも一番大きいのでは? と想像している。

 

マギーはグレンからの「帰る合図」がないこともあり

 

「グレンはもう死んでいる」というように思っているのでは?
と感じました。

 

その動揺と覚悟を心にしのばせながら、グレンを探しに行こうとしますが

 

今回マギーは危なかった!

 

外に出るために、外に通じている「地下道」をリクルーターのアーロンに案内されて進んでいくのですが途中で何かが詰まっていたんですね。。。

 

それを引き抜くと2体のウォーカーがいた!
しかも、水でふやけてぼろぼろ、ぐちゃぐちゃ状態で。

スポンサーリンク

 

ガタイの大きいウォーカーであり、もう一体が突然現れたことで不意をつかれたこともあり応戦できないマギー。

 

「まぁ、このキャラは死なへんやろ」と思っていたので平静で見ていられましたが、噛まれてもおかしくないような状況。

 

そこをアーロンに何とか救ってもらいます。
ただ、地下道から外へ出るのはあきらめることに。

 

この「くだり」が5話の中心かも、と言ってもいいかも知れませんね^^

 

また、この第5話の時点で、グレン以外で

まだ街に帰ってきていないキャラクターたちが存在する

 

シーズン6の1話でウォーカーの超大群の「大誘導作戦」(勝手に名付けた^^)の一番先頭でウォーカーを引き寄せていた

 

ダリル
エイブラハム
サシャ

 

この3名がグレン同様にまだ帰ってこない。。。

 

ちなみに主人公のリックは前々回のエピソードの最後で、キャンピングカーの中にいる時に脇道から出てきたウォーカーの大群に囲まれてましたが、何とそこから

 

「走って戻ってきた!!」
「すご過ぎるねん!」

リック・グライムス

 

そのリックがアレキサンドリアに戻ってしばらく、見張り台からダリルやエイブラハム、サシャ、そしてグレンに無線で呼びかけるけれど、やはり応答はなし。

 

アレキサンドリアの街にも、残ったウォーカーの群れの一部がフェンスぎりぎりに押し寄せることで、街の人たちの中でも不安が高まりはじめている

 

つまり

 

・アレキサンドリアの街は強襲された

・そこで住民が多く殺された

・大誘導作戦に行った主要キャストを中心とした

・ほとんどのメンバーが帰ってこない

プ~ラ~ス

 

フェンスぎりぎりにウォーカーの大群が押し寄せて、中を狙っている
こんな状況の中にいたら、不安が高まるのは当たり前。

 

このシーズン6の5話では、そんな街の中の動揺と絶望も同時進行で描いています。

 

あとの出来事としては

 

動揺した住民たちが食料庫から食べ物を勝手に持ち出そうとしたり

街の女性リーダーが途方に暮れて、リックにリーダーを依頼したり

街に残っていたウォーカーと格闘したり

タラ(人気の女性キャラ)が女医とキスをしたり

 

まぁ細かい出来事はあったけど、それはもうあんまりどうでもよいでしょう(笑)

 

それよりも!!!

 

この5話のメインは

 

いまだ街に戻ってこない、ダリル、エイブラハム、サシャ、グレンたちが
次の6話以降の展開として

 

なぜ帰ってこないのか?

途中で誰かがウォーカーにやられてしまうのか?
この4名がどうやって帰還するのか?

 

というお話を盛り上げるために存在した
いわば前フリ的なエピソードとしてこの5話は存在したのかな?とワタシは分析している^^

 

ただし、この分析はよくハズれる(笑)
まぁ、いずれにしても

 

ダリルの死は絶対にない!でしょう^^
ダリル・ディクソン

なぜなら、女性ファンがもう「ウォーキングデッド」を見なくなる可能性がある(笑)
これはホントにあるかも。

 

グレンとダリルという古参キャラが一気二人もいなくなることはありえない。

 

しかし

 

エイブラハムとサシャはどちらか、あるいは両方の死はひょっとしてあるかも。。。

 

このあたりの諸々が次回6話、そしてそれ以降のエピソードの中心になっていくのであろうというのがワタシ的予想です^^

 

まぁおそらく当たらないやろうなぁ(大笑)


ワタシ的まとめ&感想

 

グレン死亡を唱える人たちからは

 

「何言うてますのんや!!!!!」

 

と怒られるかも知れませんが、やっぱりグレンは生きている気がしている^^

 

次回の6話で、しれっと照明弾が打ち上がり、自身の帰還を知らせるくだりがありそうなないような。。。

 

いずれにしても、製作者側に言いたい^^
「もうハッキリさせてんか」(笑)

 

あんまり引っ張ったら
「逆にオモロなくなりまっせ」と。

 

さて、ワタシはまた来週金曜日のHuluの配信を待つ日々が続きます♪

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す