Huluでウォーキングデッド あらすじとキャストなど(ネタバレ)

この記事は約 9 分で読むことができ ます。

ワタシは「動画を観る」という趣味があります^^動画は主に「Hulu」を利用してほぼ毎日観ています。Huluならば視聴が色々なデバイスで可能なので、ちょっとした空き時間での利用がほとんど。それでも今まで観たドラマは相当な数にのぼります^^

 

Huluでいろいろ観たドラマの中でも一番おもしろいと感じたもの、一番ハマったドラマは何と言っても「ウォーキングデッド」です。アメリカや日本だけでなく世界中で熱狂的なファンがいるドラマですね。

 

今回は「ウォーキングデッド」をこれから観てみよう!
と考えられている方へ向けて記事をまとめております。
初心者

あらすじやキャストを書いている普通のブログなどは世の中にたくさんありますので、それと似たようなものでは全く面白くない^^

 

なので、ワタシ独自の視点からのあらすじ、感想、キャストのことなどを書いていますので、既にウォーキングデッドを視聴されている方が読んでも大丈夫な内容にしていきますね。

 

ウォーキングデッドの大体のあらすじ

まずは全体の大まかなあらすじを紹介します。
まずドラマの舞台はアメリカ。

 

原因がよく分からないウィルスに人類が感染してしまい、死んだ人間が蘇ってゾンビとなり街を徘徊します。

 

ちなみにウォーキングデッドの世界ではゾンビとは呼ばず「ウォーカー」と呼んでいる。
ドラマ中に生存者グループ内で呼び方は違う場合がありますが、それは本編を観てお楽しみください^^

ウォーカー

 

で、そのウォーカー。

 

生きている人間が噛まれたり
爪で引っ掻かれたり

 

すると、しばらくして高熱が出始め、やがて死んでしまいます。
死んだ後、早い人なら数分でウォーカーとなってしまうんですね(これをドラマでは「転化」という)。

 

なので、爪で引っ掻かれたりしても大丈夫なように、アナタは長袖を日頃から着用してくださいよ(^O^)

「って何でやねん!」

 

まぁ走ったりは出来ないの動きはノロいんです。だから単体でこちらに向かってきた場合は逃げれば良いですし、もちろん戦っても何とか大丈夫かと(笑)

 

ただ、よくあるゾンビものと同じで攻撃はボディにしても倒せない

 

「顔はやめときな、ボディにしな、ボディに」
という名セリフもありますが、それだとダメなんですね!
ボディ

 

ウォーキングデッドの世界ならば

 

「ボディはやめときな、頭にしな、頭に」
と逆になります。

 

そう、倒すには頭を攻撃するしかないんですね。

 

頭を破壊しない以上、水の中に沈めても生きていますし、首だけになって水槽の中に入れられたとしても大丈夫なくらいウォーカーはタフです^^

 

アナタもそこは要注意ですよ(笑)

 

先ほどのように単体で襲ってくる場合、まぁ何とかなりますが、ウォーカーが群れで来た場合は相当ヤバイです。なのでこの場合は必死で逃げるしかない!

ウォーカー

 

ヤツらは音や動きのあるところに集まってくるので、もしアナタがウォーカーに襲われた場合は「拳銃」は使用しないでくださいね。できることなら拳銃の発砲音が出ないサイレンサーかナイフで応戦するようにしてください(笑)

 

で、ウォーカーにも体格差があるので、大男のウォーカーならば倒すのはキツイ!
逆に女子ならばまだ比較的倒しやすいんですが、お腹が空いている場合は凶暴になるのでそこは注意が必要です。

 

またシーズン1からシーズン2へとどんどんシーズンを重ねていくに連れて、屋外にいるウォーカーはかなり汚れています。この記事を書いている今はシーズン6真っ最中ですが、かなりボロボロになってきてます。

 

そして長い間生きた肉を食べていない空腹のウォーカーは次第に衰弱してその動きも低下していきます。もちろんお部屋の中にいるヤツは比較的キレイですがね^^

 

ん?振り返れば、何だかウォーカーのことばかり書いていますね!

 

ウォーキングデッドはただ「グロい」だけのドラマでは決してない!

 

人によるとゾンビものが苦手な方もいるかも知れません。
ワタシも知り合いに薦めたことがあるんですが

 

「しょっぱなからグロイし、もう観るの辞めたわ~」
という人がいました。

 

確かにグロいシーンはあります。

 

でも、このウォーキングデッドは、ただグロいゾンビと人間が戦って倒していく!

 

というようなドラマではないんですね!
いいですか、ここがポイントです。

 

このドラマにはゾンビから逃げたり格闘していくプラス「人間ドラマ」が存在するんです。
そして、実は生きている人間の方がウォーカーより恐ろしい場合もあるんですね。

 

なので、ただの「ゾンビとの格闘ドラマ」ではないことをあえて強調させてください!

 

巧妙な人間ドラマを生み出すキャストたち

 

で、その人間ドラマを生み出すのが登場するキャラクターたちです。
(ここらでネタバレが発生する可能性アリ)

 

主人公は元保安官のリック
(あらためて調べたら「保安官代理」だった!)

 

保安官だけあって、銃の扱いや格闘には長けています。

 

シーズン1の第1話で、リックは犯人に撃たれてしまい病院へ入院をします。
そのリックの入院中に例のウィルスが蔓延してとんでもない世界になってしまうんですね。

 

なぜリックは病室で寝ている間にウォーカーにやられることがなかったのか?
それは少しずつその理由が本編を見れば明らかに。。。

 

ちなみにリックには妻子がいます。妻がローリ。息子はカール。後にジュディスという娘も誕生します。

 

このカールはシーズン1ではホントに子ども(年齢は12歳という設定)
それがシーズンごとに成長していく過程もおもしろいです。

スポンサーリンク

 

シーズン6ではもう「よいお兄ちゃんへと成長」しましたね。
ともあれ、このリックを中心に物語が展開されていきます。

 

リック・グライムズ役は アンドリュー・リンカーン
1973年9月14日にロンドンで生まれる
あ、ワタシより後輩やんか!(笑)

 

これまでたくさんのドラマや映画に出演していますが、一番の作品はこのウォーキングデッドのリック役にとなるでしょう。

 

また、リックには色々な仲間と行動を共にして、戦いながら安住の地を求めていきます。

 

リックの仲間でメインキャストとしては
(仲間は実にたくさんいるので、ここでは抜粋して紹介)

 

グレン・リーという人がいます。
(グレン役はスティーブ・ユアン)

 

唯一のアジア系キャストで、最初は臆病な部分もあるひ弱な男というイメージでした。当初は格闘はあまり得意ではなく、身軽さを利用して物資調達などを担当していますが、シーズンが増すごとに次第に心身どもども強くなっていきます。

 

シーズン6ではもう欠かすことの出来ない存在。
戦闘要員でもありますが一方で誠実で優しい、聖人のような男へと成長。

 

他には

 

ダリル・ディクソンというキャラクターがいます。
(ダリル役はノーマン・リーダス)

 

このダリル。とりわけ女性ファンがメチャ多い。
もしダリルが途中で死んでしまったらショックでもうドラマを観ない女性が出てくるかも(驚)

 

彼は劣悪な家庭環境で成長してきたので、シーズン1では荒くれモノ感満載^^

 

またダリルにはアニキのメルルという超うっとおしいキャラがいますが、兄弟ともども最初は

 

「あーあっ、めんどくせーな!」
って印象でしたが

 

シーズンが回を重ねていくうちに、どんどん魅力的な男に変わっていく。
元々優しい部分も持ち合わせているので

 

「ぶこつだけど、優しい男」
になり、メチャかっこいいんですね。

 

武器は主に「クロスボウ」を使います。
こんなやつ。

 

でも、たぶんアナタもダリルの矢は尽きることがないのかを心配されると思いますが

 

「安心して下さい、ちゃんと抜いてますよ!」
(とにかく明るい安村風に)^^

というように、一度放った矢は標的に近づいて行って

 

サクッと抜きます!

 

もちろん切羽詰って回収できないシーンがありますが、その時はなぜか悲しくなります(笑)

 

で、このダリル。

 

他のキャストに「ベス」というキャラクターがいます。
ネタバレかもですが、シーズン4で散り散りになった仲間の中でダリルとベスだけで行動することになります。

 

その時にお互いの過去を話したり、今の自分の気持ちを酒を酌み交わしながら「本気」で語りあうというシーンがある。

 

この時

 

「あれれ、ひょっとして心が通いあったかな??」

 

と感じてしまうシーンがあります。
まぁそこはどう感じるかはアナタ次第。。

 

またダリルはキャロルというキャラターとも仲良しなんです。キャロルの娘ソフィアが行方不明になった時に誰よりも真剣に捜索をし続けたダリルの姿にキャロルも感銘を受けます。

 

ベスとキャロルもそれ以上の関係はドラマでは出てきませんが、このキャラクター同士の人間
模様も見所のひとつかも知れませんね。

 

ちなみにダリルは、リーダーのリックには従順な関係です。
イエスマンではなくしっかりと気持ちをリックに伝えた上での従順さというところです。

 

ちなみに、グレンやダリル、ベスやキャロルなどもっと詳しいキャスト紹介は今後このサイトで記事にしていきますね。

 

これまで、いかがだったでしょうか?
ザーッと書いてみましたが、一度観てみようと思われましたか??


まとめ&感想

 

先ほどウォーカーのことを色々と書きましたが、ウォーキングデットのスゴイところはこのウォーカーのリアルさなんですね。映画ではなく、テレビシリーズでこのクオリティの高さにはホントビックリなんです。

 

もしこのウォーカーのクオリティが低い場合は、もしかしてここまで面白くないかも
と言っても過言ではないかも。

 

そのクオリティ、リアリティさが物語に妙な

 

切迫感
緊張感

 

そして、恐怖を感じさせてくれるところに、このドラマの魅力があるとも思います。

 

本当にリアルですよ!
生肉を食べるシーンがあるのですが、本当に口に入れて肉を食べているシーンなんか

 

「一体どうやって撮影しているの?」
と思わず考えてしまうくらい。

 

それくらいリアルです(同時にグロくもありますが^^)

 

さてさて、このウォーキングデッドですが、視聴する方法として
やはり「Hulu」が便利ですね!

 

冒頭でも書きましたが、どんなデバイスでも見れるところが良いです
(デバイスとは例えばスマホだったり、テレビやパソコンだったり)。

 

レンタルでももちろん良いのですが、イチイチ借りた、返却したりするのが億劫です。
また、放映の後しばらく待ってからのレンタル開始となるので少し待ち時間があります。

 

Huluの場合は、例えばシーズン6などは放映された4日の後に視聴が可能になります。
また、シーズン1から一気に連続で観ていけるので、そこも魅力です。

 

 無料お試し期間 というのもあるので、利用してみるのも良いかもですね。
ちなみに今、Huluではウォーキングデッド・シーズン1の第1話の「動画」が無料視聴できます。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す