ウォーキングデッド シーズン6 6話の感想やあらすじ(ネタバレ)

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

    ウォーキングデッド・シーズン6の6話「迷いの森」の配信がHuluであり、無事に視聴終了^^いやぁ本当におもしろいですね、このドラマ。だいたいCMなしの45分ほどのエピソードなんですが「ホントあっという間」に終わってしまうような気が…

    今回シーズン6の「第6話」の最大のポイントはワタシ的には「最後のシーン」だと思います。それも終了30秒くらい前のシーンになりますね。^^

    いつものごとく、まだ未視聴の方には「激しくネタバレ」しますので注意してくださいね。

    この第6話で最大のポイントはコレでしょう?!

    その終了30秒前くらいのシーンでは、ダリルが運転する大型トレーラー(トラック?)にサシャとエイブラハムが同乗しています。(なぜそういう状況かは後のだいたいのあらすじを参照)

    無線ダリルが運転しながら、リックに無線で呼びかけます。おそらく「何とか無事やし、今から帰りますさかい」って言おうとしたんでしょう(笑)

    とすると

    その応答が「△%&#□!◇」と最初は何か「ゴニョゴニョ」した聞き取れない返答が返ってきます。聞き取れないダリルが「もう一度」と応答します。

    そうすると。。。「ヘルプ(助けて)」と返答が返ってくる。

    それでこの第6話はそのまま終了するのですが、、、

    「これ、一体誰が発したヘルプなのか!!!」その時、ワタシ、そして一緒に視聴していた妻に「ピーーーン」と衝撃が走りました!

    「このヘルプ、グレンが言うたんちゃうのん??」

    やったぁー!!って感じでした。

    仲間で無線を持っていて「応答」ができるのは、リックとこのダリル御一行で、あと考えられるのは「グレン」しかいない。もしも、雑魚キャラ(失礼ですが…)が答えていたとしてもそれじゃストーリー的に何もおもしろくない。ましてや第6話のクライマックスにふさわしくもない。。。

    ということは。。。

    やはり、その声はグレンの声で「ダリル御一行に助けを求めてきたのでは!?」と考えられます^^

    ただ、妻と同意見だったのが

    「グレンの声とちょっと違う気がするなぁ?」というところ。また、いつも読んでいる「あるファン」の方のブログにも「あの声はグレンのものではない」と語られている。。。

    いずれにしても、このシーズン6前半の最大のポイント「グレンの生死」についてが、おそらく次の第7話で進展があるのではないか、とワタシは予想しています。^^

    ただ、この時ほど「早く次が観たい!」

    20151124y_2

    とヤキモキした瞬間はなかったとワタシはのちに振り返っている(笑)

    あと、このシーズン6:第6話「迷いの森」でのポイントは大きく分けてあと2つ。

    第6話のあらすじ&感想(ネタバレ注意)

    ウォーカーの超大群を先導していた、ダリル、サシャ、エイブラハム。

    予定ポイントの長い一本道まで来たので、そこでスピードを挙げて一気に引き離し左折^^超大群から離脱します。 そして、作戦成功とちょっと気を抜いたところに 何とダリル御一行は「銃撃」を受けます。その時、ダリルはバイク。サシャ&エイブラハムはボロ車に乗っている。 そして、ダリルは森に迷い込み、サシャとエイブラハムはその銃撃した相手を何とかやっつける。そして、この御一行がふたつに分かれたその後、それぞれのエピソードにストーリーは展開する。

    で、ですね、この第6話はちょっと「?」

    と感じることが多いということを頭の片隅においてください^^

    まず、ダリル。

    森の中に迷い込んでいると、ちょっとカワイイ系の女子ふたりと出会います。
    おーーっと思った瞬間、ダリルが後ろに潜んでいた男に「ぶん殴られます」

    この3人の男女に「何らかの集団の一味」と勘違いされており、ダリルは拘束される。たださすがはダリル、強いです。スキを見て逃げ出し、愛用のクロスボウと荷物を奪い返しますが、その荷物の中にショートカットの方の女子が使用するであろう冷凍保存された「インスリン」を見つけます。

    スポンサーリンク

    で、やはりダリルは優しいんですね。

    「あ、これってあの妹が使いよるやつちゃうん?」と思い、悩んだ末に男女3人の元へ戻ります。で、ダリルが完全に主導権を持ちつつ、行動をともにしていると「ある敵」に見つかってしまいます。

    よく分からないのがこのふたつ

    ・インスリンが必要な妹に、お姉ちゃん&男がワザとウォーカーに襲わせてしまう。「生き延びていくために」と言っている。確かにインスリンが底を尽きてしまえばこの妹は生きていくことは出来ないが…

    ・その「ある敵」は一体何者たちなのか?またリックたちとの間に抗争が起きる予感。。。

    そして、ともかくその場をしのいだダリルたちは、この二人をアレクサンドリアに連れていこうと考えてバイクを放置していた場所に戻ります。

    そうしたらその男女が寝返り、ダリルのバイクとこともあろうに「愛用のクロスボウ」を持って逃走します!

    ここが腹立つ!このばか者がっ!

    一方、サシャとエイブラハム

    ある街にあるビルの中に隠れてダリルの帰りを待ちます。

    そこで、この二人は色々と語りあう。。。

    当初、エイブラハムは「恋人と兄を失い」自暴自棄になっているサシャが無茶をしないか、それが心配でウォーカーの先導役に志願してきたと思っていた。その辺りは友情として。だから、まともなエイブラハムだと思っていたが、実はエイブラハム自身も少々お病みになっていたようで(笑)

    サシャとのトークの中で

    「生きたいという衝動にかられる」と。

    さらにサシャに「お前は変わった」と。

    ここまでは男女の友情かな?と思っていたのですが、その後「お前をもっと知りたい!」と。

    「ええぇーーーーっ!!!」

    それってエイブラハム、実はサシャのことが好きなん??
    ハート

    おい、エイブラハムよ、ロジータはどうなるんだい?ワタシの推しメンのロジータにゃんは?(笑)

    ロジータはあんたの帰りを待ち続け、アレクサンドリアで泣いているんだぞい。。。おそらくこれはエイブラハムのサシャへの告白ととっても良いような。。。

    あなたはこれどう思います?^^もしそうだとしたら、どうなるのか?この二人の関係は。いや、ロジータを含む3人の関係は…

    その後、追跡のプロのダリルが見つけたトレーラーで街に乗りつけ、エイブラハムとサシャを迎えに来て、一路アレクサンドリアへ。その道中に、ワタシが冒頭で熱く書いた「無線の声」のくだりへと繋がります。

    ワタシ的・感想&まとめ

    グレン、生きてますね。たぶん想像していた通り。次回のシーズン6:第7話の予想ですが、ゴミ箱に隠れてグレンは何とかやり過ごしますね^^そして、忘れちゃいませんか?あの途中でアレクサンドリアから消えた少女「イーニッド」を。

    おそらく偶然見つけるんですね、グレンを^^そして、連れて帰ってもらうところで、ダリルからの無線に応答するという。。。

    ただ!ワタシの予想は「安心して下さい、結構ハズレますよ!!」(笑)

    でも、もしグレンが生きていたら、あれだけ「生存は不可能だ!」と言っていた派閥の方々の心境はいかに。。。まぁ、いずれにしてもドラマ的にはグレンが生存している方がいいやないですかい^^

    あとの予想としては、アレクサンドリアでおそらく「モーガンとリック」の対立があり、リックがちょっと孤立するというワタシが嫌いな展開になる予想。あまり好きではない展開です、それって。

    みんなで力を合わせて、悪い人間やウォーカーに立ち向かいっていくだけの展開だけで良い。ウォーキングデッドはそれで良いというのが、ワタシの個人的な想いでございます^^

    まぁ最終的にはみんなひとつにまとまるんだろうと。

    ただ、レビューに気合いが入り過ぎて、今回の記事でキャストの人物紹介を行うのを忘れてしまいました(笑)なので、また次回にしたいと思います。

     

    【注意事項】 紹介している作品は、2015年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

     

    スポンサーリンク

      コメントを残す