ウォーキングデッド シーズン6 7話の感想やあらすじ(ネタバレ)

この記事は約 6 分で読むことができ ます。

    Huluにて、ウォーキングデッドの最新エピソードが配信されました。今回はシーズン6の第7話になります。次の8話が終了すると一応「前半終了」という感じになるのでしょうか^^

    今回はそのシーズン6の7話を視聴したので、その感想と次回の予想まで語っていきたいと思います。当たり前ですが、今回もまだ未視聴の方には「激しくネタバレ」しますのでご注意を!


    前回の第6話の感想・あらすじはコチラから

    ウォーキングデッド シーズン6 6話の感想やあらすじ(ネタバレ)

    まずですね、このシーズン6の7話も色々とあったのですが、大きいポイントはふたつになります。

    それは

    グレンはやはり死んでいなかった!!

    アレクサンドリア(街)の壁に設置してある「監視塔」が崩れる!!

    このふたつですね^^

    さてさて

    まずは「グレンの生存」について!

    第3話で、ウォーカー(ゾンビ)に袋小路に追い込まれたグレン。一緒にいたニコラスが自決した際のあおりを受け、登って逃げていたゴミ箱から落下。ウォーカーの海の中に落ちて、体を食いちぎられるというめちゃショッキングなシーンがありました。

    その後、グレンの生死を巡ってファンの間から色々と意見交換がありましたが

    「結局、グレンは生存していました!」
     
    ※画像はAmazonより

    ワタシも、生存説を唱えていたのでおり、前回の6話の時点ではもう生存が確信に変わっていましたね。

    どういう状況だったか?

    グレンがウォーカーの海に落ちた時に、やはり「ニコラス」がグレンに覆いかぶさるようにして落下するんですね^^で、食いちぎられたと思っていたのは実はアレ、ニコラスの体だったということ。グレンはその下敷きになってニコラスが食べられていくのを見ていたことになります。。。

    「相当怖かったやろね~^^」

    このシーンが3話の時とは違う「別角度」から映し出されたことにより、その全貌を見ることが出来るようになりました!そして、ウォーカー達がニコラスを食べるのに夢中になっているスキを見て、グレンはモソモソっと動いて、頭の上にあったゴミ箱の下の空きスペースに逃げ込みます!それで助かるんですね~^^

    でも…

    あれだけウォーカーが殺到していたら、ニコラスの下にいるグレンの足もいつ「ガブッ」と噛まれていてもおかしくはない状況。正直なところ「あの状況下でホントに助かるのかはちょいギモンですね^^」

    また、ゴミ箱の下に逃げ込んだあとも、グレンを追って数体のウォーカーが手を伸ばしてきますがそれはグレンがナイフでグサリ。ウォーカーの死体を使い、その空きスペースの四方に壁を作ることで、他のウォーカーには見つかりにくくなりました^^

    しかし、もしあそこでナイフを所持していなかったら…ヤバかったっす(笑)

    まぁちょびっとだけムリがあるような展開でしたが、ともかく大好きなグレンが生きていて良かった!これでワタシのゴキゲンもすっかり良くなっていますね^^

    あともうひとつの重大なこと!

    それは…アレクサンドリアの壁(中と外を隔てる壁)に設置してある

    「監視塔」が倒壊したこと。

    2話でアレクサンドリにウルブスが襲撃してきた。その戦いの際に傷ついた監視塔。
    監視台
    ※画像はイメージです。

    この7話の随所でポロポロと少しずつ壊れていくシーンが何カットかありました。ワタシも特に気にはしていなかったのですが。。。7話の最後の最後で

    「思いっきり大倒壊しましたぁーー!!」

    大きな監視塔なので、それが倒れると外と内を隔てている「壁ごと」なぎ倒してしまう。そしてその倒れた隙間から「ウォーカーが大侵入する」

    このシーン、例によって妻とふたりで観ていたのですがふたりとも「えーーーーっ!ホンマかいなぁー!!」と大絶叫しましたよ(笑)

    思えばこれまでのシーズンで…

    キャンプが大群に襲われたり。。。

    身を寄せていた「疾病対策センター」が大爆発したり。。。

    スポンサーリンク

    なぜか死角になっていた快適な「農場」が大群に襲われたり。。。

    すっかり定着した「刑務所」も人間の襲撃で破壊されたり 。。。

    やっとの思いでたどり着いた「ターミナス」では問答無用に殺されかけたり。。。

    と、安住の地を求めても結局は散々な目に合わされてきた「チームリック」。今回は今までの中でも抜群の環境と設備を誇っていた街「アレクサンドリア」だったのに

    ここもやはり大ピンチに…

    せっかく、この街を拠点に住民たちが、武器の扱い方を学んだり、隔てている壁を強化したりして、これから着実にこの中で生き抜いていくための準備を進めているのそのシリから

    「壁が大倒壊するなんてぇー(涙)」

    次回第8話の予想される展開

    監視塔が倒壊、壁も一緒に倒れることでそこからウォーカーの大群が侵入。ウォーカーにやられてしまう住民もたくさんいるでしょう。リックの仲間たちは場馴れしている分、うまく逃げることに。

    ただ、全員で一緒には逃げられず何組かに分かれて逃げ出すことになりそう…結局、アレクサンドリア近くに戻って来て、風船を飛ばす合図を妻のマギーに送ったグレンも「また離れ離れになってしまう」。

    そして、ダリル、サシャ、エイブラハムもまだ外にいて、現在こちらに向かってきている最中でその時はみんなと再会することは出来ず…何組かに分かれて逃走するところで、シーズン6のエピソード前半が終了していく…

    というようなワタシの大予想^^

    あ、これね、おそらくいつものように「大外れ」するかも(笑)

    まぁこんな展開はイヤなんですけどね。

    出来たら住民やチームリックでその倒壊した壁から侵入してくるウォーカーを倒しつつ、壁を塞ぐ!そして、何人かの犠牲は出てしまうけど、ダリル&サシャ&エイブラハムも合流して何とか街の崩壊を防ぐ!

    なんて、アツいストーリーだとワクワクなのですが。

    正直なところ、居場所が襲われて散々バラバラに逃げていく、とう展開に少し飽きてしまっています。それはこれまでのシーズンでもあったので^^

    それ以外でお・ね・が・い・ね・(´∀`*)//

    それ以外の第7話の見所としては、、、

    • ジェシー(リックとキスをした)女性の息子「ロン」が銃弾を盗みリックの息子カールを殺そうとしていた(かも)
    • ロジータちゃんが、ユージーンや街の人に武器の使い方(今回はナタ)を教えていたこと
      ナタ
    • ディアナ(街のリーダー)の息子スペンサーが壁から外の世界にロープを張り、そこからレンジャーみたいにロープをたどっていったけどあえなく落下したこと
    • その際に助けた「タラ」とリックの間にひと悶着があったこと
    • 自分の仲間しか信じようとしないリックに対してミショーンが文句を言ったこと
    • モーガンがウルブスを生かして逃がしたことがリックに分かり、モーガン&リックの対談があったこと
    • モーガンが負傷したウルブスを匿っているのをキャロルが見つけたこと

    また、グレンはゴミ箱の下から脱出後、ひと足先にアレキサンドリアを出た「イーニッド」が現れてグレンに水をくれます。水その後ヤイヤイとしたやりとりがありますが、結局グレンはイーニッドを連れてアレキサンドリアの街を目指します。

    などなど、そう考えると「たくさんの出来事」がこの7話にはありました。まぁそれぞれ大切で、その中のうちから次の展開へと続く出来事があるかも、ですが

    ともかく、このシーズン6の7話の最大のポイントは「グレン生存」と「壁の崩壊」これに尽きますね。。。

    ワタシ的まとめ&感想

    結局、前回のワタシの第7話予想はハズレてしまった(笑)グレンの生存は当たっていたけど^^

    ダリル&サシャ&エイブラハムの車に「ヘルプ」の無線が入ったが、それを予想では「そのヘルプはグレンが発したもの」としていましたが、実はその真相はまだ分からず。おそらく、大混乱&崩壊寸前のアレクサンドリアにいる誰かしらが無線に答えて「ヘルプ」と言ったかも知れない^^

    ただ、これも外れるかもしれない(笑)

    そうなんです!結局、ワタシなんぞの予想が外れる方が「ストーリーは面白いに決まっているんですね!」簡単に展開が予想できるようならばダメかなっと。そんな元も子もないことを言ってしまうワタシ(笑)

     

     

    【注意事項】 紹介している作品は、2015年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

     

    スポンサーリンク

      コメントを残す