ウォーキングデッド シーズン6・8話の感想やあらすじ(ネタバレ)

この記事は約 7 分で読むことができ ます。

    ウォーキングデッドの「シーズン6・第8話」がHuluで配信されました。思えばこれでシーズン6の前半が終了。折り返し地点に突入しましたね。ホント早いものです^^

    で、今回もいつものごとく、この「シーズン6・8話」のあらすじに沿いながらの感想、そして9話の予想などをしていこうと思います。

    ただ、よくあるような感想(レビュー)では面白くないので、ワタシ独自の視点などはさんでいきます。いつものごとく激しくネタバレしますので、まだここまで見ていない方は要注意ですね(笑)

    まず、前回記事でのこの「8話」の予想は。。。

    (コチラから前回記事は読めます↓)

    ウォーキングデッド シーズン6 8話の感想やあらすじ(ネタバレ)

    アレキサンドリアの監視塔がどかーんと倒壊したことで、隔てていた壁が壊れウォーカーが街の中になだれ込んできます。
    監視台

    ここからですね。

    リックや主要メンバーは逃げる。リックの仲間以外の人はウォーカーにやられる 主要メンバーは逃げることが出来るが「雲散霧消」になってしまい散り散りバラバラ

    というような予想でした!

    が、まぁ外れてしまいました(笑)
    バツ

    結論から言えば、「監視塔」が倒壊した所からウォーカーが街の中へ入る。そして、リックが中心となり街の人に声をかけて各自、個々で家の中へ入るように指示をする。

    ということなので、街から逃げて散り散りバラバラではありませんでしたね^^で、大きく分けるとこのようなチームに分かれて、家や建物の中に逃げ込みます。

    ・リックチーム、ミショーン、カール、ジュディス、ディアナ、ジェシー一家(息子のロンとサム)

    ・モーガン、キャロル、ドクターのデニス、街を襲ったウルブスの残党男 ・ユージーン、タラ、ロジータ(後にモーガンたちと合流)

    ・マギー(建物の屋根にひとりぼっち)

    大きく分けるとこんな状態です。

    あ、ワタシが大嫌いな神父を忘れていました(笑)

    神父はリックチームにおります^^

    上記のようなチーム分けでウォーカーから逃れ、各自家や建物に逃げ込むことになります!

    しかし、今回アレキサンドリアに流入してきたウォーカーの数がハンパなかった…もうちょっと少ないかと思っていましたが、実際は超大群が乱入することに…

    この8話のポイントとあらすじ

    ・ジェシーの息子(ロン)がカールを殺そうとする。

    よりによって、ウォーカーがもうそこまで来ている状態で「カールVSロン」の大乱闘が始まります!一瞬、「カール、やばいんとちゃうん?」と思いましたが、リックたちが助けに入ったのでひとまず乱闘は中断。

    しかし、ロンはかなり腹が立つ存在(怒)

    ・モーガンとキャロルは流れで一緒に逃げることに。

    ただその逃げた先にはモーガンが匿っている「傷ついたウルブスの残党」がいた。その事を気づくキャロル。額にWの文字をつけた「ウルブスの残党」を殺そうとしますが、それを止めようとするモーガンと対決することに。

    ここで、簡単にキャロルは負けてしまうかなぁーと思っていましたが、キャロルが善戦^^モーガン得意の「棒術」を使わさず、「蹴り」を入れたりの反撃もありましたが、最終的にはモーガンに気絶させられてしまう。

    その後、後ろからモーガンが「ウルブスの残党男」に後頭部をふいに殴られて気絶。ユージーン・タラ・ロジータがその後部屋に入ってくるが、女医(ドクター)を人質にとった「ウルブスの残党」は部屋を出ていく。

    ここで!

    ホントにモーガンの何かよーわからん「偽善的な言動」にイライラがMAX!命を助けて「ウルブスの残党」を更生させようとしていたモーガン。

    「更生しよる訳ないやん、何やってんのよこのバカちん!」

    ・一方、マギー。

    ※画像はAmazonより

    マギーはメチャ危なかった!近くにあった建物の上に逃げようとして、設置してあったハシゴに登るが何とハシゴが壊れる!下に落ちそうになるマギーだが、何とか群がるウォーカーから逃れる。ただ、下には大量のウォーカーがマギーを食ってやろうと待機中^^

    それを、フェンス際にあった木の上から見ていたグレンの姿もポイント。もちろん助けにグレンは行くでしょう(汗)

    ・最後のポイントとしてリックチーム

    何と、リディアがウォーカーとの戦いの際に負傷。ケガだけかと思っていたが、実は噛まれており感染してしまう。まぁ何となくそんな展開にはなるだろう、と予想はしていましたが。

    スポンサーリンク

    ディアナはしばらくベッドで寝ていましたが、その後ベビーベッドの中にいる「ジュディス」のもとへ。てっきりウォーカーになったディアナがジュディスを襲っていると思ったリック。ウォーカーのようなディアナを倒そうとしますが、まだ生きているとリディアは叫ぶ(笑)

    そのディアナの姿は既にウォーカーそのものでしたよ、あなた(笑)
    まぁ、こんなところがポイントです。

    思ったよりも、町(アレキサンドリア」に入ってきたウォーカーの数が大量。しかもみんな元気がいいので圧倒されがちの生者だち。

    で、結局リックは、シーズン1でグレンと共に行った「シーツの上からウォーカーの内蔵を塗りつけて臭を消して、ウォーカーの群れに紛れる作戦」を決行!正直、これは作り物とわかっていても吐きそうになります(涙)

    リック、ミショーン、ジェシー一家、神父、カールとジュディスでシーツに殺したウォーカーの内蔵を塗りつけて脱出を試みようとします。脱出先は「武器庫」のある場所まで。


    ※画像はAmazonより

    順調に、臭を消し群れの中に紛れ込んで、作戦は順調かな?と思ったところに「ジェシーの次男サム」がやらかします!

    絶対に声を上げてはイケナイ状況なのに「ママ!」「ママ!」「ママ!」と連呼する

    「やめんかーーい、ワリャー」と声を上げて怒るワタシと妻でした(笑)

    さらに

    「わざわざウォーカーに化けてんのに、声出してどないするんじゃい!」とも怒る妻。。。
    不機嫌

    で、そこまでは映らなかったのですが、どうやらウォーカーが気づいたか!というところでエンドロールを迎えます。なので、ウォーカーたちがサムの声のせいで気づいたか?というのは次回までわからないところです。

    今回はイライラすることが多かった回でもありました!

    ・カールを殺そうとしたロン

    ・ママ!ママ!とウォーカーに化けているのに叫ぶサム

    いずれも、ジェシーの息子たちです…(怒)

    また最後に

    ・偽善的なモーガンこの3人の存在がホントにイライラさせてくれましたよ^^まだ役立たずの神父の方が頑張っていました。ナタをふるいながら戦っていたので…

    最後に気になる点をひとつ

    それはディアナ。最後の時を向かえたらウォーカーに転嫁してしまう前に自ら自決しようとしていたディアナ。ただ、その前にディアナの部屋の近くまでウォーカーが殺到してきました!このままではウォーカーに食い尽くされてしまう!と思ったディアナは持っていた自決用の銃でウォーカーたちと応戦します。

    ということは、、、

    弾がなくなれば自決することができなくなる…ということは、ディアナはウォーカーに食べられてしまう可能性が…あるいはウォーカーになってリックたちの前を徘徊することに…

    ワタシ的まとめ&感想

    次の9話、シーズン6の後半スタートではこうなると予想^^

    ・建物の上に避難しているマギーを救出すべくグレンが動く!

    ・ウォーカーに紛れたリックたち。サムの「ママ!発言」がバレてしまいウォーカーに襲われるひょっとして、ここで誰かが死んでしまうのではないか…

    ジェシーあるかも、と大予想(驚)

    ちなみに、エンドロールが流れて番組が終わりかと思いましたが、また続きのシーンがありましたね。そこで、バイクの集団に捕まってしまう、ダリル&サシャ&エイブラハム身ぐるみをはがされそうになります。これも相当腹がたちましたが、おそらくシーズン6の後半はこのバイク集団との新たなる戦いになるのであろうと。。。

    きっと大ボスがバックにいそうなイヤな予感です^^

    何でしょうか。。。配信時間は43分ほどなんですが、ものすごく早く時間が経つように感じるんですね。それだけ集中して観ているということでしょうか?!学校の50分の授業はあんなに時間が経たなかったのに(笑)

    最後に、このシーズン6の第8話のワタシ的な「MVP」はミショーンです。

    ※画像はAmazonより

    ミショーンは黒人で日本刀を巧みに扱い戦うキャラクター。ワタシもグレンの次に好きなキャラです。ホントはミショーンについて、深堀りリサーチをしようと思っていましたが

    今回記事が長くなったので、また次回にしたい思います(笑)

    [ 注意事項 ] 紹介している作品は、2015年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。

     

    スポンサーリンク

      コメントを残す