羽生結弦優勝の裏側に母、ブログ、イヤホンなどの秘密があった!?

この記事は約 4 分で読むことができ ます。

フィギュアスケート秋も深まってくる頃、色々なスポーツがシーズンを迎えますが、その中でも注目度が高いスポーツがフィギュアスケートですね。女子は浅田真央さんの復帰、男子ではやはり羽生結弦さんの今シーズンがアツイです。

その羽生結弦選手のカナダで行われた今季初戦オータム・クラシックで優勝。本人は優勝はしたけれど、演技の内容に納得いってなかったようですね。

羽生結弦選手と言えば、ソチオリンピックで金メダルをとったことで有名。また記憶に残るところでは、演技前の練習で中国の選手と衝突しケガを負ってしまったことが生々しく覚えているところ。

 

ここでは、あまりテレビなどにも出ることのない羽生結弦選手について色々な角度で考えてみたいと思います。もうフィギュアスケートがスゴイことはみんな分かっているので。。。

まずは羽生結弦選手のプロフィール

羽生結弦(はにゅう ゆづる)

1994年12月7日生まれ。
仙台市出身。
愛称は「ゆづ」
身長、171cm 体重56キロ

身長は思ったより高いという感想。

ソチ五輪男子シングルで優勝
2014年世界選手権優勝
グランプリファイナル2連覇
(2013、14年)

全日本選手権3連覇
(2012、13、14年)

戦績はまぁとんでもなくスゴイです、としか
いいようがない^^

公式ブログ(サイト)とファンブログ

羽生結弦選手を調べようとまず公式ブログがないか調べてみました。
すると、羽生結弦選手公式ブログが見つからない。

 

どうやら公式サイトは現在お休みしているらしく。。。
スケート連盟が公開しているものがあることはあるが、それだけではさみしいモノ。

 

その代わり、例えば「シナモン」「ブログアリス」「ポプラ」のようなワードが出てくる。

20151016y_1

 

最初は「なんじゃこりゃ?」と思いましたが、それらをよくよく見ていくと、ファンの方が運営している「羽生結弦選手の応援ブログ」のことでした。そんな感じのブログがたくさんある。羽生結弦のブログで検索してみると、それらがどーーんで出てくるのに少し驚き^^

 

羽生結弦選手を応援する人のことを「ユヅリスト」というらしいが、ファンの中でもそれはどうやら賛否両論があるみたいです。まぁそれは応援する人の自由なことなのでワタシはこれ以上は何も言わないですが、ファンの方々のパワーの凄さを感じますね。

羽生結弦選手と母・由美さんについて

また羽生結弦選手と母についても調べてみました。

 

羽生結弦選手の母、そう言えば見たことがないですね。
というより、フィギュアスケート選手の父や母を見ることはほどんどないですね。

 

まぁそれは競技とは直接関係のないことなので。でも一体どんな人だろうと気になる人もやはりいるようです。

スポンサーリンク

 

羽生結弦選手の母は「由美」さんという方らしい。20151016y_3母と言え一般の人なのでプロフィールはないけれど、一説によると恐い(厳しい方)だとか。

 

常に羽生結弦選手に帯同していると言われており、取材によるインタビュー内容がプライベートに及ぶと横から入ってきて阻止をするとも。

 

またこんな証言も噂されている。羽生結弦選手が控え室で着替えを行う際、たまたま誰かが体に触ってしまった。その時も母が横から入ってきて「触らないで!」と一喝したらしい。テレビには映らない部分でも現場ではそんな光景が繰り広げられているのかも知れないですね^^

20151016y_4

金メダリストであり、日本いや世界でも注目されている羽生結弦選手なので、なかなか一般人とは違うでしょうか、もしそんな話が本当ならばそれはどうなん??と思う次第。。。

 

確かにフィギュアスケートは個人競技ではありますが、スタッフなど含めた色々な人の協力があってはじめてこんな素晴らしい選手になってきたんだと思います。だから周りとの調和はホントに大切だと思いますよ、もし「厳しい母」のエピソードが本当ならば^^

 

まぁこんなことを言えば、「ユヅリスト」をはじめとするファンの方々に怒られますか?
いや母・由美さんとユヅリストの関係ってどうなっているか、これも少し気になるところですね(笑)

 

意外なものを収集しているが納得

あと意外なところで、羽生結弦選手はイヤホンを集めるのが趣味のようです。普段でも50本ほどのイヤホンを用途により使い分けるとか。
20151016y_2

 

その用途ってどんなん?と聞いてみたいですが^^
クラシックはこれ、ロックはこれみたいな感じでしょうか^^

 

ちなみにその中で一番高額なもので約22万円のイヤホンがあるらしく、これは自身の耳に合わせて作った特注品とか(驚)でもこのおかげでグランプリファイナルを制した「影の立役者」とも言われている。


まとめ&感想

いろいろな面の羽生結弦選手について書いてきましたが、一度オリンピックの金メダリストになった羽生結弦選手。

 

次回のオリンピックでも金メダルをとり2連覇というように必ず話題になるとの思うので、そのプレッシャーもどんどん強くなってくるだろうなと。

20151016y_hitokoto

ひょっとすると次回オリンピックの平昌までの道のりに世界から若い勢いのある選手が出てくる可能性もある。

 

羽生結弦選手自体も年々経験を積んでいくが、同時に年齢も重ねていくことになる。そう考えるとものすごく大変なあと3年間なのかなと。

 

でも、同じ日本人として一生懸命がんばる羽生結弦選手を応援していきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す